フレッツ光は法人契約できる?メリット・デメリットや申し込み手順についても紹介

フレッツ光 法人契約 フレッツ光

オフィスや店舗に光回線を設置したいと考えているなら、フレッツ光の法人契約がおすすめです。

法人契約なら、個人契約よりもビジネスに向いたメリットがあります。

フレッツ光の法人契約のメリット
  • 法人契約のプランが日本全国に対応している
  • 自社のビジネスや規模に合ったプランを組み立てられる
  • 帯域優先が備わっているプランがある
  • 来訪者向けのフリーWiFiが導入できる
  • キャンペーンやオプションが充実している

フレッツ光の法人契約ならビジネスに役立つサポートが受けられて、今なら高額なキャッシュバックを貰える可能性があります。

ただし、フレッツ光の法人契約はメリットだけではなく、注意すべき点があります。

本記事では、フレッツ光の法人契約のメリット・デメリットや申し込み手順などについて解説します。

フレッツ光通信
この記事を書いた人
フレッツ光通信編集部

フレッツ光通信は、フレッツ光の正規代理店ネットナビが運営するインターネット情報発信メディアです!フレッツ光だけに限らず、10年間インターネット業界で培ってきたノウハウや知識をもとに、失敗しない窓口の選び方をわかりやすく発信していきます!

フレッツ光通信編集部をフォローする

フレッツ光は法人契約が可能?

NTT東日本・西日本が運営しているフレッツ光では、法人契約が可能です。

オフィスや店舗など、ユーザーの規模や状況に応じた通信環境を提供しており、複数拠点をお持ちの方にも対応しています。

個人が契約した場合と比べると、法人専用のプランは豊富で使い勝手の良いサービスが揃っています。

フレッツ光の法人契約限定のプランは以下の通りです。

法人契約限定のプラン 月額料金
フレッツ 光ネクスト プライオ1 22,000円(税込)
フレッツ 光ネクスト プライオ10 45,210円(税込)
フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ 45,210円(税込)

上記の表は、フレッツ光の法人契約の一例です。

実際の月額料金は、プロバイダ料金やオプション契約の有無で変動するため、興味がある方はフレッツ光サービスに関するお問い合わせフォームにて問い合わせしてみましょう。

フレッツ光の法人契約と個人契約の違いは?

フレッツ光には法人名義で契約する法人契約と、個人名義で契約する個人契約の2種類あり、次のように異なっています。

法人契約と個人契約の4つの違い
  • 法人契約限定の大容量プランがある
  • 法人契約は固定IPアドレスが使える
  • 法人契約は支払いを会社の経費にできる
  • 法人契約は24時間365日サポートを受けられる

フレッツ光の法人契約専用の料金プランに、「フレッツ 光ネクスト プライオ」があります。

このプランは帯域優先機能が備わっているため、通信が込み合う場合でも安定したインターネット接続が可能です。

個人契約できるプランだと、パソコンやスマートフォンを同時に8台以上接続すると、インターネットの通信速度は低下しやすくなります。

しかし、「フレッツ 光ネクスト プライオ」だと、10台以上同時に接続しても通信速度は低下しにくいため、多人数でインターネットを使用したいビジネスなどに向いています。

また、法人契約だと固定IPが使用可能です。

IPとは、ネットワークにおける住所のようなもので、個人契約だとIPが変動します。

インターネットを普通に使うなら問題ありませんが、独自のホームページを運用したい場合は固定IPにしないといけません。

他にも、法人契約だと支払いを会社の経費にしやすく、24時間365日いつでもサポートを受けられる「24時間出張修理オプション」を付けることができます。

個人契約だとサポートの受付時間は9時~17時までなので、24時間サポートを受けられるのはビジネスをする際に心強いです。

法人契約と個人契約のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
法人契約 多人数でも通信速度が低下しづらい
法人契約向けの特典やサポートが充実
経費として計上しやすい
月額料金が高い
プロバイダの契約が面倒
個人契約 月額料金が安い
料金プランやオプションが分かりやすい
ビジネスには不向き
経費として計上しにくい

フレッツ光の法人契約がおすすめな人の特徴!

フレッツ光の法人契約がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

おすすめな人の特徴
  • 10名以上でインターネットを使用する
  • 24時間サポートが欲しい
  • 固定IPアドレスが必要

フレッツ光の法人向けプランは端末が10台以上でもインターネットの通信速度が低下しづらいです。

事務所や店舗で使用する端末が10台以上、あるいは10人以上が働く環境なら法人契約のプランがおすすめです。

また、日中よりも夜間のインターネットを万全にしておきたいビジネスだと、24時間365日サポートを受けられる法人契約は頼もしいです。

法人契約は固定IPアドレスが使用できるため、社外から社内のファイルサーバーへのアクセス、セキュリティの強化、VPN(Virtual Private Network)の構築などに役立ちます。

また、固定IPなら自宅から店舗をネットワークカメラで監視しやすくなります。

フレッツ光を法人契約するメリット

フレッツ光を法人契約するメリットは以下の通りです。

法人契約のメリットについて、順番に解説します。

日本全国に対応した光回線と契約できる

法人契約に対応している光回線のなかには、対応しているエリアが狭く、オフィスや店舗を移転できない場合があります。

フレッツ光は日本全国に対応した光回線のため、オフィスや店舗を移転する際の手続きを最小限に済ませられます。

ただし、東日本エリアと西日本エリアで運営会社が分かれているので、エリアが変わる場合は解約手続きが必要です。

NTT東日本・西日本のエリア
  • NTT東日本…新潟県・長野県・山梨県より東
  • NTT西日本…富山県・岐阜県・静岡県より西

企業の規模や事業内容に応じたプランを組み立てられる

フレッツ光では、企業の規模や事業内容に応じたプランを組み立てることができます。

例えば、テレワーク環境下で安心安全かつ効率よく仕事がしたい場合、データレス機能付きPCやオフィステレフォンなど、テレワークに必要なツールを丸ごと用意でき、NTT東日本・西日本サポートセンターが導入後の管理・運用を一括して引き受けます。

インターネットの出入り口で通信状況を常時監視しているので、ITトラブルが発生してもすぐに対処できます。

自社にとって最適なプランやオプションを組み立てられるので、ビジネスをよりスピーディーにおこなえます。

法人契約だと通信速度が落ちにくいプランを選べる

フレッツ光の法人契約は、10人以上で同時にインターネットを使用していても、帯域優先が備わっているので、通信速度が落ちにくいです。

帯域優先はインターネットが混雑した場合でも優先的に使用できる機能です。

個人契約のプランだと帯域優先は備わっておらず、8人以上で同時にインターネットを使用すると、通信速度が落ちやすくなるため、ビジネスには不向きです。

そのため、ビジネスに適した通信事業者を選ぶべきなのですが、帯域優先が備わっているインターネットサービスの数は少ないです。

帯域優先が備わっているインターネットサービスは以下の通りです。

インターネットサービス プラン 月額料金
フレッツ光 フレッツ 光ネクスト プライオ1
(東日本のみ)
22,000円(税込)
フレッツ 光ネクスト プライオ10
(東日本のみ)
45,210円(税込)
NURO NURO Biz 
(一部エリア)
20,735円(税込)

オフィス内や来訪者向けにフリーWiFiが導入可能

フレッツ光の法人契約ならオフィスや店舗に、従業員や来訪者(お客様)向けのフリーWiFiが設置できます。

東日本エリアは『ギガらくWi-Fi』、西日本エリアは『スマート光ビジネスWi-Fi』というサービスで、アクセスポイントの端末から25m以内まで電波が届き、最大50台まで同時に接続できます。

東日本エリア 西日本エリア
サービス名 ギガらくWi-Fi スマート光ビジネスWi-Fi
月額料金 4,180円(税込) 4,180円(税込)
注意点 ・最低利用期間24ヶ月以内に解約すると、
11,000円(税込)を一括で支払う
・LAN給電オプションに加入した場合も、
最低利用期間内に解約すると違約金が発生
最低利用期間24ヶ月以内に解約すると、
11,000円(税込)を一括で支払う

設置すれば、面倒なIDの入力をせずに、簡単にWiFiにアクセスできます。

また、飲食店なら食事に来たお客様が、事業所なら来客がフリーWiFiを利用する際に任意のWebページを表示させることもできます。

接続できる台数が多く、店舗のPRにも使用できるので、大規模な飲食店やオフィスビルに導入しておきたい設備です。

キャンペーンが充実している

フレッツ光の代理店を通じて法人契約を申し込むと、代理店独自のキャッシュバックが貰える可能性があります。

代理店とは、フレッツ光とユーザーの間に立って契約をおこなってくれる仲介業者のことです。

代理店は独自のキャンペーンをおこなっており、フレッツ光の場合は法人契約向けの高額なキャッシュバックが多いです。

代理店のキャッシュバックとフレッツ光のキャンペーンは併用可能なので、フレッツ光の公式サイトで申し込むよりも、代理店を通じて申し込んだ方がお得になる可能性は高いです。

ただし、キャッシュバックを受けるためには条件があるため、しっかりと確認しましょう。

オプションが充実している

フレッツ光の法人契約では、ビジネスに役立つ様々なオプションがあります。

法人契約のオプションは以下の通りです。

月額料金 特徴
24時間出張修理オプション 2,200円(税込)~ ・フレッツ光の機器が故障時に、
24時間365日対応してくれるサービス
・フレッツ光ネクストプライオでは、
標準装備
オフィスまるごとサポート
(NTT東日本)
■ITサポート&セキュリティ ライト
2,200円(税込)
■ITサポート&セキュリティ スタンダード
3,850円(税込)
・パソコンやスマートフォンなどの使い方から、
トラブルまでまとめてサポート
・プランによってサポートの上限回数や対応時間、
サポート内容に違いがある
ギガらくWi-Fi
(東日本)
スマート光ビジネスWi-Fi
(西日本)
4,180円(税込) ・フリーWiFiを設置できるオプション
・西日本の場合は機器の買取が可能

自社にとって必要だと思えるオプションがあれば、申し込みの検討をおすすめします。

フレッツ光を法人契約するデメリット

フレッツ光を法人契約するデメリットは以下の通りです。

法人契約をする前に、デメリットはしっかりと確認しましょう。

契約できないプロバイダがある

フレッツ光の法人契約だと、契約できないプロバイダがあります。

プロバイダとは、インターネットと光回線を繋ぐ接続事業者のことで、フレッツ光と契約するなら、プロバイダとも契約する必要があります。

西日本エリアだと、フレッツ光の公式サイトで法人契約可能なプロバイダがセットになっていますが、東日本エリアだと自分で選びます。

東日本エリアで法人契約できるプロバイダは以下の通りです。

東日本エリアで法人契約できるプロバイダ
  • Yahoo!BB 光フレッツコース
  • Toppa!
  • OCN
  • BIGLOBE
  • plala
  • @T COM

法人契約可能なプロバイダに比べて、できないプロバイダの方が圧倒的に多いです。

プロバイダによって月額料金や特徴が異なるので、法人契約を考えている方は、契約できるプロバイダをきちんと確認してから契約するべきです。

キャッシュバック目当てだとお得ではないかも

フレッツ光の法人契約は代理店を通じて申し込めば、高額なキャッシュバックを貰える可能性があります。

しかし、他社の法人契約と比べて月額料金が最安値という訳ではないため、お得とは言えない場合もあります。

法人契約可能な光回線サービスは以下の通りです。

法人契約可能な光回線サービス 月額料金
フレッツ光 22,000円(税込)~45,210円(税込)
OCN光 16,170円(税込)
ドコモ光 5,720円(税込)
NURO Biz 20,735円(税込)

帯域優先が備わっている点や、全国エリアに対応している点などを含めると、フレッツ光は法人契約可能なおすすめの光回線サービスです。

しかし、月額料金だけを比較すると、他社の光回線サービスの方が安いです。

そのため、契約するプロバイダや料金プランにもよりますが、キャッシュバック込みでも別の光回線の方が安い可能性はあります。

スマートフォンのセット割引は適用されない

フレッツ光の法人契約ではスマートフォンのセット割引が適用されません。

光コラボレーション事業者のなかには大手キャリアが運営しているサービスもあり、例えばドコモ光の法人契約だと、スマートフォンのセット割引があります。

最大20回線まで割引の対象になり、1回線につきスマートフォンの月額料金が最大1,100円(税込)割引されます。

スマートフォンのセット割引があれば、会社用スマートフォンの月額料金を割引にでき、経費が節約できます。

社員に仕事用のスマートフォンを支給する予定なら、大手キャリアが運営する光コラボの法人契約を検討してみましょう。

フレッツ光を法人契約する際にかかる費用

フレッツ光の法人契約は戸建てや集合住宅、プランによって月額料金や工事費が異なります。

また、法人契約専用のプラン以外にも、個人契約向けのプランで法人契約を結ぶこともできます。

そのため、フレッツ光で法人契約可能なプランは以下の通りです。

プラン名
法人契約のみ フレッツ 光ネクスト プライオ1
フレッツ 光ネクスト プライオ10
フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ
個人契約も可能 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト ギガラインタイプ
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ
フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ
フレッツ 光ライトプラス
フレッツ 光ライト

次項より、戸建て向け、集合住宅向けの料金プランを順番に解説します。

戸建て(3戸以下)向け料金プラン

フレッツ光の戸建て(3戸以下)向けの料金プランで、法人契約可能なのは以下の通りです。

プラン名
法人契約のみ フレッツ 光ネクスト プライオ1
フレッツ 光ネクスト プライオ10
フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ
個人契約も可能 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ
フレッツ 光ライトプラス
フレッツ 光ライト

法人契約のみのプランの月額料金や工事費などは以下の通りです。

プラン名 フレッツ 光ネクスト
プライオ1
フレッツ 光ネクスト
プライオ10
フレッツ 光ネクスト
ビジネスタイプ
月額料金 22,000円(税込) 45,210円(税込) 45,210円(税込)
契約料 1契約ごと880円(税込)
初期工事費 ■一括払い
19,800円(税込)
■分割払い
初回3,300円(税込) + 2回目以降687円(税込)
/月×23回、24回目699円(税込)
■一括払い
19,800円(税込)
■分割払い
初回3,300円(税込) + 2回目以降550円(税込)
/月×30回
IP電話ルーター レンタル料金:月額418円(税込)
機器工事費:4,840円(税込)
プロバイダ料金 別途
帯域優先 ×
対応エリア 東日本エリア 東日本エリア 全国

法人契約のみのプランで注意しなければならないのが、西日本エリアに住んでいる方は、「フレッツ 光ネクスト プライオ」は契約できないことです。

西日本エリアに住んでいる方は「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」と契約します。

帯域優先こそありませんが、接続可能端末台数は制限なしとなっており、中小企業向けの法人契約限定のプランです。

個人契約も可能なプランは以下の通りです。

プラン名 フレッツ 光ネクスト
ギガファミリー
・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト
ファミリー
・ギガラインタイプ
フレッツ 光ネクスト
ファミリー
・ハイスピードタイプ
フレッツ 光ライト
プラス
フレッツ 光ライト
月額料金 6,270円(税込) 5,940円(税込) 5,720円(税込) 基本料4,180円(税込)
~上限料金6,050円(税込)
基本料3,080円(税込)
~上限料金6,380円(税込)
契約料 880円(税込)
初期工事費 ■一括払い
19,800円(税込)
■分割払い
初回3,300円(税込)、2回目以降687円(税込)/月×23回、24回目699円(税込)
プロバイダ 別途

個人契約も可能なプランは、どのプランを選んでも契約料や初期工事費が一緒です。

違いは月額料金で、「フレッツ 光ライトプラス」と「フレッツ 光ライト」は使用したデータ通信量によって、月額料金が変動するタイプです。

プラン名に「ギガ」と入っているのは、光回線の通信速度が最大概ね1Gbpsのプランです。

従来のプランに比べると、高速で安定したインターネットを使用できます。

法人契約限定のプランに比べると月額料金は安いですが、ビジネスに役立つオプションやサービスは受けられません。

自社に合ったプランを選ぶようにしましょう。

集合住宅(4戸以上)向け料金プラン

フレッツ光の集合住宅(4戸以上)向けの料金プランで、法人契約可能なのは以下の通りです。

プラン名
法人契約のみ フレッツ 光ネクスト プライオ1
フレッツ 光ネクスト プライオ10
フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ
個人契約も可能 フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ
フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ
フレッツ 光ライト

法人契約のみのプランの月額料金や工事費などは以下の通りです。

プラン名 フレッツ 光ネクスト
プライオ1
フレッツ 光ネクスト
プライオ10
フレッツ 光ネクスト
ビジネスタイプ
月額料金 22,000円(税込) 45,210円(税込) 45,210円(税込)
契約料 1契約ごと880円(税込)
初期工事費 ■一括払い
19,800円(税込)
■分割払い
初回3,300円(税込) + 2回目以降687円(税込)
/月×23回、24回目699円(税込)
■一括払い
19,800円(税込)
■分割払い
初回3,300円(税込) + 2回目以降550円(税込)
/月×30回
IP電話ルーター レンタル料金:月額418円(税込)
機器工事費:4,840円(税込)
プロバイダ料金 別途
帯域優先 ×
対応エリア 東日本エリア 東日本エリア 全国

基本的に法人契約のみのプランは戸建てでも、集合住宅でも料金や工事費が変わることはありません。

NTT東日本・西日本の担当者と相談して、自社のビジネスに役立つサービスを選択しましょう。

個人契約も可能なプランは以下の通りです。

プラン名 フレッツ 光ネクスト
ギガマンション
・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト
マンション
・ギガラインタイプ
フレッツ 光ネクスト
マンション
・ハイスピードタイプ
フレッツ 光ライト
月額料金 3,685円(税込)
~4,785円(税込)
3,355円(税込)
~4,455円(税込)
3,135円(税込)
~4,235円(税込)
基本料2,200円(税込)
~上限料金4,730円(税込)
契約料 880円(税込)
初期工事費 ■一括払い
16,500円(税込)
■分割払い
初回3,300円(税込)、2回目以降550円(税込)/月×24回目
プロバイダ 別途

「フレッツ 光ライトプラス」は主に戸建て向けのサービスのため、集合住宅では契約できません。

また、集合住宅の場合は、契約できる戸数が多いほど、月額料金が安くなる傾向があります。

プランごとに通信速度や特徴が異なるので、法人契約可能な個人契約プランを選ぶときは、内容をしっかりと確認しましょう。

フレッツ光の法人契約の手順

フレッツ光の法人契約をおこなうなら、以下の方法があります。

フレッツ光の法人契約の申込み方法
  • 電話(0120-009-070)
  • フレッツ光の公式サイト
  • 正規代理店

おすすめの申し込み方法は代理店「ネットナビ」を通じて申し込む方法です。

フレッツ光を法人契約するならネットナビがおすすめ

正規代理店「ネットナビ」では、フレッツ光の法人契約をおこなうと、最大70,000円キャッシュバックが貰えるキャンペーンが開催中です。

キャンペーン概要 ネットナビ限定の最大70,000円キャッシュバック
適用条件 下記全てを満たす方が対象
・ネットナビWebサイトまたは、お申し込み受付窓口(0120-080-124)から新規申し込み
・キャンペーンコードを申請
・申込日より90日以内に開通し、特典受け取りまで継続利用
・申込みされた月額有料の3サービスを開始日より24ヶ月以上継続利用
・申込月を含む10ヶ月目の1日から末日までにキャッシュバックの手続きをすること
・キャッシュバックの際にアンケートに回答
特記事項 申し込みサービスによってプレゼント額が変わります。

【東日本】:フレッツ光(法人、SOHO、個人事業主)+指定プロバイダ+ひかり電話(エース)
+ITサポート&セキュリティ ライトあんしんプラン +24時間出張修理オプションへの加入で70,000円キャッシュバック
【西日本】:フレッツ光(法人、SOHO、個人事業主)+指定プロバイダ+ひかり電話A(エース)
+オフィス安心パック+モバイルデータ通信(WiMAX)への加入で70,000円キャッシュバック

「ネットナビ」のキャッシュバックは法人、SOHO、個人事業主の方を対象としているため、法人契約だと受け取れます。

キャッシュバックされる金額も最大70,000円と高額なので、法人契約を考えている方は申し込みましょう。

「ネットナビ」のキャッシュバックを受け取る手順は以下の通りです。

キャッシュバックを受け取る手順
  1. ネットナビの公式サイトで法人契約を申し込む
  2. 希望のキャンペーンコードを申告
  3. NTT東日本・西日本への申し込みが完了
  4. フレッツ光の利用開始後、キャッシュバックの申請手続きを始める
  5. 株式会社ネットナビより届いたキャッシュバックお申込申請フォームへアクセス
  6. アンケートに入力したあと、キャンペーンコードとIDを入力
  7. 申請登録が完了するとメールが自動返信で配信される
  8. 届いたメールに記載された手続きに従ってキャッシュバックの申請をおこなう
  9. 申請が完了すると、指定した口座にキャッシュバックが振り込まれる

「ネットナビ」のキャッシュバックは自動でおこなわれません。

自分で申し込みフォームにアクセスして、必要な情報を入力したり、申請用紙を郵送したりする必要があります。

また、下記の注意点にも気を付けましょう。

キャッシュバックの注意点
  • お申込申請フォームはサービス開始月を含む10ヶ月目の1日~末日のみ受け付け
  • 指定されたプロバイダとオプションサービス(有料)を契約する
  • 会社の口座ではキャッシュバックを受け取れない

特に注意しなければならないのが、指定された月額有料の3サービスに契約することです。

法人契約には必須のオプションも含まれていますが、人によっては不要と思えるオプションもあるため、キャッシュバックを受ける際は本当にお得かどうか考えましょう。

申し込みページにアクセス

正規代理店ネットナビを通じてフレッツ光の法人契約を結ぶ場合、以下より申し込みページにアクセスします。

画面の指示に従ってお客様情報を入力し、申し込みを完了しましょう。

なお、法人契約時は名前の部分を会社名にします。

折り返し電話を受け取る

インターネットで申し込みが完了すると、翌営業日以降に折り返し電話がかかってきます。

申込内容の確認と開通工事の日程を決めるのですが、キャッシュバックを受け取るなら、このタイミングで受ける意思とキャンペーンコードを伝えましょう。

工事完了後にキャッシュバックを受け取る

電話で指定した日に開通工事がおこなわれます。

立会人が必要で、建物の配線状況にもよりますが、1時間程度で作業は完了します。

開通工事が終わったら、インターネットが利用できるか確認しましょう。

キャッシュバックを受け取るために必要な書類が、「キャッシュバック申請受付のお知らせ」メールに添付されています。

添付されている申込書を印刷したら、必要項目を記載し、フレッツ光回線明細やプロバイダ明細の写しと一緒に、下記住所に郵送します。

〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2
株式会社ネットナビキャンペーン事務局

メールに記載されたURLより口座情報入力フォームにアクセスできるので、申込サービスの契約者本人の口座を登録しましょう。

なお、会社の口座を指定することはできません。

すべての手続きが完了後、1ヶ月程度でキャッシュバックが振り込まれます。

以上で、フレッツ光の法人契約は完了です。

まとめ

フレッツ光は法人契約が可能なインターネットサービスです。

ビジネスに役立つ機能やサービスを備えたプランが用意されており、24時間いつでもサポートが受けられるオプション契約や、自社のビジネスに合った環境を構築できます。

フレッツ光の公式サイトから申し込むこともできますが、正規代理店「ネットナビ」を通じて申し込むと、最大70,000円のキャッシュバックが貰えます。

公式サイトでは高額なキャッシュバックはおこなっておらず、代理店を通じて申し込んでも、公式サイトのキャンペーンは適用されます。

インターネットサービスの法人契約や、フレッツ光の高額なキャッシュバックに興味がある方は、下記サイトから申し込みを検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました