フレッツ光ネクストの料金は高くない!安く契約する節約術

フレッツ光通信 フレッツ光

「光回線がココまで安い!」「乗り換えがお得!」などと安さをアピールするインターネット回線業者が続々と登場していますよね。もちろん、価格競争によって利用者が安く利用できるようになることは良いことなのですが、

新規業者=安い
フレッツ光=高い

というイメージで判断してしまうのはちょっと危険です。

実際のところフレッツ光の月額料金が高いのかについて、他の回線業者と比較して調べてみましょう。また、フレッツ光をもっとお得に契約する方法についても紹介してまいります。

フレッツ光ネクストは高くない!住宅別の料金プラン

フレッツ光は他のインターネット回線と比べて特に割高に設定されているわけではありません。

プロバイダーやプランを選べば、今ご利用の回線よりも安い値段でインターネット接続サービスを活用できることもあります。

フレッツ光では、現在、どれだけ利用しても定額料金制の「フレッツ光ネクスト」と回線使用量に合わせて2段階に料金が設定されている「フレッツ光ライト」の2つのプランが提供されています。

ただし、1Gbpsの高速光回線を利用できるのは「フレッツ光ネクスト」だけであることや「フレッツ光ライト」の上限料金より「フレッツ光ネクスト」の定額料金の方が安いことなどの理由により、主流は「フレッツ光ネクスト」となっています。

戸建て住宅でフレッツ光を利用する場合

戸建て住宅にお住まいの場合は、フレッツ光の「ファミリープラン」を契約することになります。

ファミリープランには以下の4つのタイプがありますが、ギガタイプ(最大通信速度が1Gbps)を選んでも月額料金にして200~500円しか違いがありませんので、ギガファミリー・スマートタイプかギガラインタイプを選ぶ人が多いです。

NTT東日本のフレッツ光ネクスト料金(ファミリープラン)
月額利用料金 通信速度
ギガファミリー・スマートタイプ 5,700 上り下り共に最大1Gbps
ギガラインタイプ 5,400 上り下り共に最大1Gbps
ハイスピードタイプ 5,200 上り最大100Mbps、下り最大200Mbps
ファミリータイプ 5,200 上り下り共に最大100Mbps

※いずれの料金も税抜き価格。
ギガファミリー・スマートタイプはWi-Fiルーターの貸し出しが可能だが、ギガラインタイプは提供不可。

NTT西日本エリアにお住まいの人なら、なんといってもスーパーハイスピードタイプ隼プランがおすすめです。

月額利用料金は他のタイプとまったく同じであるにも関わらず、フレッツ光史上最大速度で通信できるからです。

NTT西日本のフレッツ光ネクスト料金(ファミリープラン)
月額利用料金 通信速度
スーパーハイスピードタイプ隼 5,400 上り下り共に最大1Gbps
ハイスピードタイプ 5,400 上り最大200Mbps、下り最大1Gbps
ファミリータイプ 5,400 上り下り共に最大100Mbps

※いずれの料金も税抜き価格。

集合住宅でフレッツ光を利用する場合

マンションなどの集合住宅でフレッツ光を利用する場合は、同一建物内でどれくらいの契約数が見込めるかによって月額料金が少々変わって来ます。

見込める契約数が多い方が月額料金は低く設定されていますので、小規模マンションよりは大規模マンションの方が安くなることが多いです。

NTT東日本のフレッツ光ネクスト料金(マンションプラン)
月額利用料金 通信速度
ギガマンション・スマートタイプ 3,3504,350 上り下り共に最大1Gbps
ギガラインタイプ 3,0504,050 上り下り共に最大1Gbps
ハイスピードタイプ 2,8503,850 上り最大100Mbps、下り最大200Mbps
マンションタイプ 2,8503,850 上り下り共に最大100Mbps

※いずれの料金も税抜き価格。
ギガファミリー・スマートタイプはWi-Fiルーターの貸し出しが可能だが、ギガラインタイプは提供不可。

NTT西日本のフレッツ光ネクスト料金(マンションプラン)
月額利用料金 通信速度
スーパーハイスピードタイプ隼 3,2004,500 上り下り共に最大1Gbps
ハイスピードタイプ 3,2004,500 上り最大200Mbps、下り最大1Gbps
マンションタイプ 3,2004,500 上り下り共に最大100Mbps

※いずれの料金も税抜き価格。

フレッツ光ネクスト以外の月額料金

では、フレッツ光以外の光回線業者の月額基本料金は月々いくらかかるのでしょうか。
auひかりとドコモ光、ソフトバンク光と比較してみましょう。尚、いずれも各種割引適用前の価格です。

戸建て住宅向けの月額料金
光回線利用料金 プロバイダ料金 合計支払い額
フレッツ光ネクスト 5,400 5001,200 5,9006,600
auひかり 5,200 回線料に含まれる 5,200
ドコモ光 6,7006,900 回線料に含まれる 6,7006,900
ソフトバンク光 6,300 回線料に含まれる 6,300

※いずれの料金も税抜き価格。
NTT東日本エリアではギガラインタイプ、NTT西日本エリアではスーパーハイスピードタイプ隼を利用したと仮定。

集合住宅向けの月額料金
光回線利用料金 プロバイダ料金 合計支払い額
フレッツ光ネクスト(NTT東日本) 3,050~4,050円 500~1,200円 3,550~5,250円
フレッツ光ネクスト(NTT西日本) 3,050~4,050円 500~1,200円 3,550~5,250円
auひかり 3,900 回線料に含まれる 3,900
ドコモ光 5,0005,200 回線料に含まれる 5,0005,200
ソフトバンク光 4,900 回線料に含まれる 4,900

※いずれの料金も税抜き価格。NTT東日本エリアではギガラインタイプ、NTT西日本エリアではスーパーハイスピードタイプ隼を利用したと仮定。

いかがでしょうか。

auひかりや光コラボレーション(ドコモ光やソフトバンク光等)は月額料金にプロバイダ料金も含まれていますのでお得なイメージがありますが、合計額で見るとほぼ差がないことが分かりますね。

月額利用料が低いプロバイダを選べば、フレッツ光ネクストの方が安くなるケースも少なくありません。

「フレッツ光=高い」というのは、単なるイメージに過ぎないと言えるのです。

フレッツ光をさらにお得に利用する方法

フレッツ光をさらにお得に利用するためには、次の2つの方法が勧められます。

定期契約で月額料金を抑える

ご紹介したフレッツ光ネクストの料金は各種割引適用前の料金ですので、定期契約の「にねん割」「光もっと2割」、その他の割引プランを利用すればさらに料金をお得にすることができます。

定期契約割引プラン(最低利用期間2年)適用後のプロバイダ料金込みの月額料金は次のようになります。

定期契約割引適用後のプロバイダ料金込みの月額料金
ファミリープラン マンションプラン
フレッツ光ネクスト(NTT東日本) 5,2005,900 3,4505,150
フレッツ光ネクスト(NTT西日本) 4,1105,010 2,9304,620

※いずれの料金も税抜き価格。NTT東日本エリアではギガラインタイプ、NTT西日本エリアではスーパーハイスピードタイプ隼を利用したと仮定。

特にNTT西日本エリアの定期契約割引「光もっと2割」は割引額が高く設定されていますので、定期契約で申し込むとインターネット利用料金をかなり低く抑えることができます。

フレッツ光は高いと思いこまないで、一度、いくらで利用できるのかシミュレーションしてみるのも良いですね。

フレッツ光の代理店サイトに問い合わせれば、利用できる割引制度や具体的な月額料金のシミュレーションをしてもらうことができますよ。

キャンペーンの適用で初期費用を抑える

契約するときには契約料や工事費用などの初期費用がかかります。

申し込み時期によって適用されるキャンペーンは異なりますが、代理店サイトから申し込むと、NTTの公式キャンペーンと代理店独自のキャンペーンの両方が適用されますので最大限お得に申し込むことが可能になります。

問い合わせはもちろん無料ですので、気軽に尋ねてみるのも良いですね。

フレッツ光/NTT | インターネット光回線
フレッツ光の新規お申し込みサイトです。インターネット、Wi-Fi(無線LAN)IP電話ならフレッツ光。NTT東日本・NTT西日本販売代理店ネットナビ

フレッツ光ネクストの料金まとめ

フレッツ光というと「プロバイダ料金が含まれていないから高い」「元国営企業だから民間業者より高い」という根拠のない理由で高いイメージを持つ人も少なくありません。

ですが、実際の月額利用料金は、他のインターネット回線サービスと比べても特に割高ではありません。

フレッツ光販売代理店に問い合わせるなら、プロバイダーやプランの上手な選び方などお得なキャンペーンについて案内してもらえます。

まずは気軽に代理店に問い合わせてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました