フレッツ光の速度はどのくらい?平均値や遅くなるときの原因を紹介

フレッツ光 速度 フレッツ光

フレッツ光の契約を検討していて、通信速度が実際どのくらい出るのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

いざ契約して「通信速度が遅く快適に使えなかった」というのは避けたいところ。

契約後に乗り換えが必要となると、費用や手間も大変です。

本記事ではフレッツ光の実際の通信速度、速度が遅くなってしまう時の原因などについて詳しく解説します。

記事の後半では、お得に契約できるキャンペーンや代理店も紹介しているのでぜひ最後までご覧ください。

フレッツ光通信
この記事を書いた人
フレッツ光通信編集部

フレッツ光通信は、フレッツ光の正規代理店ネットナビが運営するインターネット情報発信メディアです!フレッツ光だけに限らず、10年間インターネット業界で培ってきたノウハウや知識をもとに、失敗しない窓口の選び方をわかりやすく発信していきます!

フレッツ光通信編集部をフォローする

フレッツ光とは

フレッツ光はNTTグループが提供する光回線サービスです。

光回線と言えばフレッツ光というぐらい有名で、メジャーな光回線としての安心感が大きな魅力となっています。

光回線ではエリアが限定的なサービスもありますが、フレッツ光に関しては全国のほとんどの地域で申し込みが可能です。

都心部はもちろん、郊外でも多くの地域で光回線が繋がります。

そのほか、手厚いサポートが受けられるのもフレッツ光ならではの魅力です。

電話窓口でのサービスや故障などの相談対応はもちろん、オプションで初期設定の訪問サポート、リモートでの遠隔サポートなどのサービスもあります。

アフターサポートの面でも、フレッツ光は安心して契約できる光回線です。

フレッツ光の最大通信速度は1Gbps!

フレッツ光の通信速度は上り、下りともに最大1Gbpsです。

料金プランによって通信速度は異なりますが、フレッツ 光ネクストのプランでは最大1Gbpsのプランが選択できます。

料金プランごとの通信速度は以下の通りです。

フレッツ光は、お住まいの地域によってNTT東日本とNTT西日本のどちらの管轄になるかが分かれていて、料金プランも東日本、西日本で少し異なります。

▼NTT東日本エリアの料金プラン
通信速度※ (上り) 通信速度※ (下り)
フレッツ 光ネクスト
(料金は定額)

ギガマンション・スマートタイプ
/ギガファミリー・スマートタイプ
(WiFi無線LANルーター付き)
最大概ね
1Gbps
マンション・ギガラインタイプ
/ファミリー・ギガラインタイプ
マンション・ハイスピードタイプ
/ファミリー・ハイスピードタイプ
最大概ね
200Mbps
最大概ね
100Mbps
フレッツ 光ライト
(料金は2段階定額)
フレッツ 光ライト プラス
(戸建てのみ)
最大概ね
100Mbps
マンションタイプ
/ファミリータイプ
▼NTT西日本エリアの料金プラン
通信速度※
フレッツ 光ネクスト
(料金は定額)
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼
/ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
最大概ね
1Gbps
ファミリー・ハイスピードタイプ
/ファミリー・ハイスピードタイプ
最大概ね
200Mbps
マンションタイプ
/ファミリータイプ
最大概ね
100Mbps
フレッツ 光ライト
(料金は2段階定額)
最大概ね
100Mbps
※ 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。実際の通信速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況により大幅に低下する場合があります。

ちなみに、通信の「上り」と「下り」の違いについてですが、上りは手元のデータをインターネット上にアップロードすること、下りはインターネット上のデータをパソコンやスマートフォンで受信することをそれぞれ指しています。

メッセージの送信、YouTubeへの動画投稿、ライブ配信などは全て「上り」の通信に該当します。

Webページを開く、動画をストリーミングする、アプリをダウンロードするなどは全て「下り」の通信です。

フレッツ 光ネクストの「スマートタイプ」「ギガラインタイプ」「スーパーハイスピードタイプ 隼」のプランでは、上り・下りの両方で最大1Gbpsの高速通信が使えます。

最大通信速度1Gbpsの光回線でできること

最大通信速度1Gbpsの光回線であれば、オンラインゲーム、高画質の動画やライブ配信の視聴など、データ量の大きい通信もサクサク快適にこなすことができます。

WebサイトやSNSの閲覧などの軽めの通信であれば、最大数百Mbps程度でもストレスを感じることは少ないですが、ゲームなどの重ための通信となると最大通信速度による差が出てきます。

あらゆる用途で快適なネット環境を作りたい方については、最大1Gbpsのプランをぜひ検討しましょう。

フレッツ光の速度が遅くなる理由は?

高速通信が使えるフレッツ光ですが、一部ケースでは通信速度が低下して快適に使えなくなることがあります。

一部ケースでの速度低下はフレッツ光に限った話ではありませんが、速度が遅くなってしまった時には、考えられる原因を推定して通信環境を見直していきたいところです。

フレッツ光の通信速度が遅くなる理由としては以下の3つが考えられます。

それぞれ対策も含めて詳しく見ていきましょう。

回線が混雑している

回線が混雑して、速度低下している可能性があります。

特にマンションなどの集合住宅では、1つの回線を複数のユーザーが共有するため、共有戸数が多いことが原因で通信速度が低下しやすくなるケースもあります。

可能であれば同じマンションでフレッツ光を使っている人に、同じような速度低下があるかを確認してみると良いでしょう。

そのほか、特定のWebサイトで速度が低下する場合には、サーバーへのアクセス混雑が原因と考えられます。

一時的な混雑であれば、時間を置いてからアクセスしてみると改善されることが多いです。

また、契約しているプロバイダにアクセスが集中しているために速度が低下するケースもあります。

特定の時間帯に速度が低下するなどプロバイダが原因と疑われる場合には、プロバイダの変更も対策の1つとなります。

プロバイダがIPv6 IPoEに対応していない

プロバイダがIPv6に対応していないために通信が遅い可能性もあります。

通信規格としては「IPv6」「IPv4」、通信方式としては「PPPoE」「IPoE」のそれぞれ2種類があります。

「IPv6 IPoE」がそれぞれ最新で、より高速な通信が可能です。

IPv6 IPoEであれば、通信が混み合う網終端装置を経由せずに直接インターネットへ接続できます。

プロバイダが「IPv6 IPoE」に対応していない場合には、対応プロバイダに変更することで通信速度が改善できる可能性があります。

ルーターに問題がある

WiFiルーターの不具合で通信が不安定になることもあります。

WiFiルーターは電源をつけっぱなしにして長時間稼働させるので、ログが蓄積したり熱がこもったりなどで通信のトラブルを招くケースがあります。

WiFiルーターの調子が悪いと感じたら、再起動を試してみましょう。

再起動で機器の状態を一度リセットできるので、通信のトラブルを解消できる可能性があります。

熱がこもっている場合には、一度電源オフで時間を置いてから再び起動させましょう。

また、WiFiルーターとの接続が悪い場合には、設置場所が原因の可能性もあります。

障害物や、電子レンジなどの電波干渉するものが近くにあると接続が悪くなります。

WiFiルーターの設置場所としては、障害物などを避けて部屋の中央付近に1~2mほど高さを付けて設置するのが理想的です。

WiFiの接続が悪い時には改めて設置場所を見直してみましょう。

フレッツ光の実際の速度はどのくらい?

フレッツ光の各プランでの通信速度は、フレッツ 光ネクストで最大1Gbps、フレッツ 光ライトで最大100Mbpsですが、これはあくまで理論値です。

光回線をはじめとするインターネット回線の通信速度は、「最大○○Gbps」というような表記がされますが、これは技術規格上の最大通信速度です。

最大通信速度は、「回線に接続するユーザーが少ない」「PCなどの機器の処理性能が高い」など、諸々の条件が最高に整っているときに再現できる数値となります。

実際に使用する時には、最大通信速度ほどの数値が出ることは少ないということは理解しておく必要があります。

それでは、フレッツ光の場合には、実際に使う時にどれぐらいの通信速度が出るのでしょうか。

通信速度の実効値は使用環境で大きく異なりますが、大まかな「速い」「遅い」を知る上では、ユーザーから集めた平均値が参考になります。

「みんなのネット回線速度」を参考に実際の通信速度を見ていきましょう。

フレッツ 光ネクストの平均速度

平均ダウンロード速度 347.03Mbps
平均アップロード速度 224.92Mbps
平均Ping値 20.8ms

「みんなのネット回線速度」のデータを参照すると、フレッツ 光ネクストの通信速度は平均ダウンロード速度 347.03Mbps、平均アップロード速度224.92Mbps(※IPoE接続)となっています。
「みんなのネット回線速度」フレッツ光ネクストの通信速度レポート 2021年9月時点 直近3ヶ月の平均のデータを引用

通信速度は光回線として平均的なレベルです。

回線の混雑状況にもよりますが、快適にインターネットが使える通信速度が期待できます。

オンラインゲームではPing値も重要ですが、こちらも「みんなのネット回線速度」を参照すると平均20.8msとなっています。

Ping値、通信速度ともにオンラインゲームも十分プレイできる数値が出ています。

フレッツ 光ライトの平均速度

平均ダウンロード速度 62.0Mbps
平均アップロード速度 58.96Mbps
平均Ping値 19.79ms

フレッツ 光ライトについても「みんなのネット回線速度」を参照すると、平均ダウンロード速度: 62.0Mbps、平均アップロード速度: 58.96Mbps(※IPoE接続)となっています。
※「みんなのネット回線速度」フレッツ光ライトの通信速度レポート 2021年9月時点 直近3ヶ月の平均のデータを引用

通信速度は超高速ではありませんが、普段使いであれば基本的には困らないレベルです。

ただし、フレッツ 光ネクストのように通信速度に余裕があるわけではないので、混雑時間帯になると快適に使えなくなる可能性はあります。

また、フレッツ 光ライトについてはデータ通信量が多くなると料金も高くなるので、あくまでデータ通信は少なめで良くて、通信速度もあまり求めない人向けのプランと考えておくのが良いでしょう。

高速な通信や、データ通信をたくさん使いたい人に関しては、やはりフレッツ 光ネクストがおすすめとなります。

フレッツ光を契約するならネットナビがおすすめ!

フレッツ光をお得に契約したいと考えている方は、「ネットナビ」からの契約がおすすめです。

フレッツ光への申し込みは公式サイトのほか、代理店からでも手続きが可能です。

代理店からの契約では、独自の特典が用意されているのでお得に契約ができます。

代理店のネットナビでは最大70,000円のキャッシュバックを実施中です。

公式キャンペーンと併用でもっとお得にフレッツ光を契約できます。

契約するサービス自体は代理店からでもフレッツ光で変わりません。

「せっかく光回線を契約するなら、少しでもお得に契約したい」という方は、ぜひネットナビの特典をチェックしておきましょう。

ネットナビのキャッシュバック、キャンペーンを詳しく紹介していきます。

ネットナビなら最大70,000円キャッシュバック

ネットナビでは最大70,000円のキャッシュバックを実施中です。

キャッシュバックの適用条件と金額の詳細は以下の通りです。

適用の条件 下記全てを満たす方が対象
・ネットナビWebサイトまたは、お申し込み受付窓口(0120-080-124)から新規申し込み
・キャンペーンコードを申請
・申込日より90日以内に開通し、特典受け取りまで継続利用
・申込みされたサービスを開始日より24ヶ月以上継続利用
・申込月を含む10ヶ月目の1日から末日までにキャッシュバックの手続きをすること
・キャッシュバックの際にアンケートに回答
キャッシュバック額
の金額
指定サービス(※)へ全て加入で70,000円キャッシュバック
※申し込みサービスによってプレゼント額が変わります。

■東日本
フレッツ光 (法人、SOHO、個人事業主)+指定プロバイダ+ひかり電話(エース)
+ITサポート&セキュリティ ライトあんしんプラン+24時間出張修理オプションへの加入で70,000円キャッシュバック
■西日本
フレッツ光(法人、SOHO、個人事業主)+指定プロバイダ+ひかり電話A(エース)
+オフィス安心パック+モバイルデータ通信(WiMAX)への加入で70,000円キャッシュバック
※ 指定サービスには別途月額料金を要します

Webサイトからの申し込み、電話での受付窓口からの申し込みの両方が対象です。

キャンペーンコードを申請して申し込み後、特典受け取りと24ヶ月目までの継続利用が条件となります。

申込月を含む10ヶ月目にアンケート回答の上、受け取りの手続きをするとキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバック金額は申し込みサービスに応じた金額が設定されていて、指定サービスへの全加入で最大70,000円のキャッシュバックが貰えます。

NTT公式のフレッツ光キャンペーンも併用可能

キャッシュバックと併用して、NTT公式キャンペーンの適用が可能です。

もっとお得にフレッツ光を契約できます。開催中の公式キャンペーンは以下の通りです。

▼NTT東日本エリアのキャンペーン
ギガ・スマート割引 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプに
新規申し込みで30ヶ月間割引
NTT東日本
ADSLからフレッツ光への移行割引
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNからの移行で
初期工事費とセットアップサービスが無料
フレッツ 光ライト
もっとライトに!割引
「フレッツ光 ライトファミリータイプ」を新規で申し込み・契約で
基本工事費を割引
にねん割 フレッツ 光ネクスト、Bフレッツを申し込み・契約で
月額料金が2年間総額で最大18,480円割引
▼NTT西日本エリアのキャンペーン
光はじめ割 フレッツ 光ネクストの月額料金が最大1,419円/月割引
NTT西日本フレッツ・ADSLおよびフレッツ・ISDNから
フレッツ光への移行における工事費割引キャンペーン
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNからの移行なら、
初期工事費が無料
フレッツ・あっと割引キャンペーン フレッツ 光ネクスト、フレッツ光プレミアム、Bフレッツに
新規申し込みで2年間の継続利用を条件に毎月一定額の割引
フレッツ・グループ割引キャンペーン 家族や友達同士でグループを組んで一緒に使えば、
月額利用料が割引

各種の月額料金の割引で毎月の支払いが安くなるほか、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNからの移行で工事無料など契約条件によっては初期費用が抑えられるキャンペーンもあります。

キャッシュバックキャンペーンと合わせて公式キャンペーンを適用すれば、負担額はかなり軽減することが可能です。

なお、キャンペーンについて期間や条件など、詳細は公式サイトを確認するようにしてください。

まとめ

フレッツ光の通信速度は、フレッツ 光ネクストで最大1Gbps、フレッツ 光ライトで最大100Mbpsとなります。

実際の通信速度としてはフレッツ 光ネクストで平均200~300Mbps、フレッツ 光ライトで50~70Mbpsというあたりです。

特にフレッツ 光ネクストなら、オンラインゲーム、動画の視聴、Webサイト・SNSの閲覧、Web会議などあらゆる用途で快適に通信が使用できます。

自宅に快適なネット環境を作りたいと考えている方はフレッツ 光ネクスト、月額料金を抑えてライトに使いたい方はフレッツ 光ライトをぜひ検討しましょう。

フレッツ光への申し込みは「ネットナビ」がお得です。

最大70,000円のキャッシュバックをはじめ、各種キャンペーンでお得にフレッツ光を契約できます。

「せっかくフレッツ光を使うならお得に契約をしたい」と考えている方は、ぜひネットナビの特典を狙ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました