使っているフレッツ光を安くお得に!もう一度確認しよう

フレッツ光通信 フレッツ光

フレッツ光をご利用中のユーザーまたは、これから新規に利用を開始する方はできるだけ安く利用したいと考えることは当然です。
できるだけ安くお得に高速インターネットを利用できたら嬉しいですよね。
そのためには、何をすれば実現できるのでしょうか。

ほとんどの利用者はオプション契約の見直しなどはしたことがないことでしょう。
しかし、少しの手間をかけて見直すことで月々のお支払いを安くできるかもしれません。

ここでは、フレッツ光をお得に利用できる方法をご紹介していきます。
誰でも受けられるキャンペーンなどを駆使して少しでもお得に契約してくださいね。

フレッツ光は高い?

フレッツ光は高いのか?まずはここから考えてみましょう。
他社光回線と比較してみて果たして本当にフレッツ光は高いのかを、フレッツ光、auひかりの2社の利用料金で比較してみました。

光回線 月額利用料金
(各種割引後)
初期費用
フレッツ光
(戸建て)
5,100円 18,800円
フレッツ光
(集合住宅プラン2)
3,450円 15,800円
auひかり
(戸建て)
5,100円 40,500円
(ただし、ひかり電話申し込みで実質0円)
auひかり
(集合住宅)
3,800円 33,000円
(ただし、ひかり電話申し込みで実質0円)

実は、フレッツ光とauひかりとでは、実質月額利用料金はほぼ変わらないという結果に。
auひかりが安いと一般的に言われている理由はここからauスマートバリューというスマホや携帯電話などとのセット割引が適用されるからなんです。

確かにauスマートバリューを考慮するとauユーザーにはお得になることでしょう。

また、初期費用は実はフレッツ光の方が安いことがわかります。
ただし、こちらも、光電話と一緒に申し込むことで、実質auひかりの初期費用は無料に。

そのため、フレッツ光は世間一般でお高いと言われているんですね。

誰でもお得に受けられる割引キャンペーン

現在フレッツ光では、誰でも受けられる割引キャンペーンを実施しています。
これからフレッツ光を申し込もうとしている方は漏れなく申し込み、少しでも安く契約するといいでしょう。
誰でも受けられる割引キャンペーンの種類は4つ。

長期割引のギガ推し!割引

1つ目は、「ギガ推し!割引」。フレッツ光ネクストギガファイリー・スマートタイプを新規契約に限り30ヶ月間毎月300円割引になるキャンペーンです。
フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプの場合には、30ヶ月間毎月200円の割引に。
ただし、平成29年9月30日までのキャンペーンになるので、申し込む場合には注意してくださいね。

あまりネットを使わない方はフレッツ光ライトもっとライトに!割引

2つ目のキャンペーンは、「フレッツ光ライトもっとライトに!割引」です。
こちらは、インターネット回線をそんなに利用しないライトユーザー向けのサービスになっています。
インターネットには接続したいけど、回線速度は気にしないと言う方にはぴったり。
フレッツ光ライトファミリータイプを新規に申し込んだ方は、2年間毎月最大600円割引されるキャンペーンです。

定期継続でお得なにねん割

そして3つ目は、「にねん割」。フレッツ光ネクストを2年間継続で利用する場合には、毎月、ホームタイプで700円マンションタイプで100円の割引になります。
こちらは、新規申込者だけではなく、すでにフレッツ光を利用中のユーザーも割引対象です。使わない手はないですよね。

単身赴任中のパパの味方、単身&家族応援割

その他、2回線分の料金をまとめて支払うことで割引になる「単身&家族応援割」があります。
戸建て+マンションを一括で支払うことで、毎月300円割引になり、マンション+マンションをまとめて支払うことで毎月100円の割引サービスが適用されるキャンペーンです。

フレッツ光割引キャンペーン一覧

割引名 キャンペーン内容
ギガ推し!割引 毎月戸建て300円、マンション100円割引
フレッツ光ライトもっとライトに!割引 毎月最大600円割引
にねん割 毎月戸建て700円、マンション100円割引
単身&家族応援割引 戸建て+マンションで300円割引
マンション+マンションで100円割引

フレッツ光を安く利用するためにオプションを見直そう

フレッツ光が高いと感じているユーザーは、実は不要なオプションがついているケースがあることでしょう。
家電量販店や代理店サイト、勧誘電話でキャンペーンや特典を受け取るために、契約当初に様々なオプションサービスを契約している場合があるかもしれません。
それらのオプションを解約することで、月額料金を安くできる結果に。
一度見直してみてはいかがでしょうか。

例えば、「フレッツ・リモートサポートサービス」のオプションでは、実は毎月500円の費用が発生しています。
たった500円の出費でも、1年間積み重なると6,000円にもなります。

フレッツ光に入りたての場合には、必要で利用していたかもしれませんが、開通して数年経っているのであれば、基本的には不要のサービスかもしれません。
一度契約内容を見直してみましょう。

プロバイダ利用料金は安くできないか

プロバイダ料金を見直してみるのも1つの手段です。
フレッツ光のプロバイダ料金は500円〜1,200円と幅があります。
もしも、フレッツ光をプロバイダパック最低料金で申し込んでいる場合には、きっと500円で申込めているはず。
そのため、プロバイダーの見直しで安くすることはできません。

しかし、実は高いプロバイダーで契約している場合があるでしょう。
もちろんプロバイダーでフレッツ光を申し込んだ場合や、自分でNTT東日本、NTT西日本とは別にプロバイダーを選んで契約している場合にも同様です。
プロバイダーにこだわりがないのであれば、安いプロバイダーに乗り換えることもフレッツ光を安くするためには有効です。
主なフレッツ光のプロバイダーの通常料金は以下の通りになります。

プロバイダー名 戸建て月額料金
(web申し込み特典)
集合住宅月額料金
(web申し込み特典)
@nifty 1,000円
(16ヶ月無料)
950円
(16ヶ月無料)
AsahiNet 780円
(開通月無料+23ヶ月250円)
700円
(開通月無料+11ヶ月350円)
BBexcite 500円
(開通月無料+11ヶ月無料+12ヶ月250円)
500円
(開通月無料+11ヶ月無料+12ヶ月250円)
BIGLOBE 1,200円
(開通月無料+23ヶ月500円+以降月々1,000円
900円
(開通月無料+23ヶ月500円)
DTI 951円
(開通月無料+23ヶ月475円)
680円
(開通月無料+23ヶ月340円)
hi-ho 1,200円
(開通月無料+11ヶ月100円)
890円
(開通月無料+11ヶ月100円)
OCN 1,100円
(なし)
900円
(なし)
plala 1,000円
(1ヶ月無料)
800円
(1ヶ月無料)
So-net 1,000円
(開通月無料+11ヶ月700円)
900円
(開通月無料+11ヶ月600円)
wakwak 950円
(23ヶ月500円)
800円
(23ヶ月500円)

一番安いプロバイダと一番高いプロバイダを比較した場合、700円の差額があります。
プロバイダのメールサービスを利用している方は簡単に乗り換えの踏ん切りは付かないかもしれませんが、ここでも月額料金を節約することができます。

料金プランは使用量に合ったものか

料金プランが使用量にあったものかも気になるところ。
実は、動画などを頻繁に見ない場合には、契約内容がハイスペック過ぎるケースがあります。
フレッツ光ネクストは、1Gbpsというハイスペックな光回線が使い放題のサービス。

フレッツ光ライトプラスサービスやフレッツ光ライトは、使った分だけ課金される従量制課金を採用しています。
実は、あまり利用していないと言うユーザーはフレッツ光のプラン見直しでグンと安くなるかもしれませんね。

ただし、フレッツ光ライトプラスサービスやフレッツ光ライトサービスは、上り、下りのインターネット通信速度は最大100Mbpsになっています。
回線の混雑状況によっては更に速度が低下する場合もあることでしょう。
そのため、インターネットをより快適にスムーズに利用したいユーザーには向いていないかもしれません。
あくまでも料金を安くする1つの手段と考えるといいでしょう。

フレッツ光ライトプラスでは、毎月3,000Mbまでは基本料金の3,800円で利用が可能。
もしも多く使った月でも、上限値5,500円です。そのため、毎月多くのデータ通信が発生するユーザーはフレッツ光ネクストの方がお得になることでしょう。

また、更にインターネットの利用頻度が低いユーザーであれば、フレッツ光ライトがお得に。
毎月200Mbまでは基本料金の2,200円でインターネットが利用できます。こちらの上限値は5,200円です。

フレッツ光ネクストからフレッツ光ライトやフレッツ光ライトプラスへの契約変更は簡単。
初期工事費用も1度目は無料です。2年割適用中でも違約金なしで乗り換えできるので安心してくださいね。

また、光電話や光テレビの通信はデータ通信のインターネット網とは別の回線を利用しているため、従量制課金には含まれません。
テレビや電話をよく使うというユーザーでも安心して乗り換えが可能です。

フレッツ光ネクストからフレッツ光ライトやフレッツ光ライトプラスへプランを見直すだけで、最大2,900円も安くなる可能性があります。
一度自分の家庭での通信量を診断してみてはいかがでしょうか。

安くフレッツ光を使う方法まとめ

フレッツ光を安くする方法は意外にたくさんありますね。
現時点でインターネットの利用料金が高いなと感じているユーザーや、利用料金がもっと安ければフレッツ光に入りたいのだけど、などと感じている方は、参考にしてできるだけお得にフレッツ光を契約するようにしてください。

もっと安くフレッツ光を利用するために代理店サイトに相談してみても、丁寧にアドバイスしてくれますよ。
プロバイダーの見直しなどを手厚くサポートしてくれますので、一度相談してみてください。

その他、代理店やプロバイダーの独自キャンペーンや特典が見つかるかもしれません。上手に代理店を探すことで、インターネット料金が安くなるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました