フレッツ光の戸建て住宅・集合住宅における料金プランを徹底解説!

フレッツ光通信 フレッツ光

高速なインターネット通信を利用できる光回線を使うには、光回線を契約しなければいけません。

光回線にはauひかりやNURO光など色々な種類がありますが、中でもNTTのサービスであるフレッツ光は一般的な光回線ですね。

フレッツ光の利用料金は、普通の一軒家などの戸建て住宅とマンションやアパートといった集合住宅で異なります。

フレッツ光を契約するにあたって、事前に料金プランやそのほかの必要になってくる月額料金についてしっかり理解しておきたいですよね。

今回は、フレッツ光を利用するための料金について詳しく解説します。

なお、料金は特に記載がない限りは全て税抜価格です。

フレッツ光の契約を検討している方は、こちらのページを参考にしてみてくださいね。

フレッツ光を契約する際にかかる初期費用

フレッツ光を契約する際は、まず初期費用を支払う必要があります。

初期費用には、契約料と工事費の2種類があります。

戸建て住宅向けのファミリータイプと集合住宅向けのマンションタイプにおける初期費用をそれぞれ、以下の表にまとめました。

なお、料金はいずれも税抜価格です。

プラン名 契約料 工事費
ギガファミリー・スマートタイプ(NTT東日本) 800円 18,000円
ギガマンション・スマートタイプ(NTT東日本) 800円 15,000円
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼(NTT西日本) 800円 18,000円
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼(NTT西日本) 800円 15,000円

この通り契約料はどこでも変わらないのですが、工事費は戸建て住宅と集合住宅で変わります。

さらに土日に工事を行う場合は料金がそれぞれ3,000円増しになりますし、工事内容によっては料金が下がったり上がったりすることもあります。

工事費は分割で支払うことも、一括で支払うことも可能です。

分割の場合30回払いとなり支払い期間が長くなってしまうので、分割払いに抵抗のある人は一括で最初に支払ってしまうのがおすすめですね。

戸建てタイプのフレッツ光を契約する場合の月額料金

続いてフレッツ光を戸建て住宅で契約する場合の月額料金を解説します。

NTT東日本

NTT東日本でフレッツ光のギガファミリー・スマートタイプを戸建て住宅で契約すると、月額料金は税抜5,700円になります。

しかし2年契約の「にねん割」を適用するとそこから月々700円の割引となりますし、さらに三十か月の間は特別な割引である「ギガ推し!割引」が適用されるため、加えて月々300円の割引が発生します。

これらをまとめると、

フレッツ光月額料金 5,700円
にねん割 -700円
ギガ推し!割引 -300円
合計 4,700円

月額料金は税抜4,700円となります。

割引適用期間中は、通常よりも安くフレッツ光を利用できますね。

NTT西日本

NTT西日本では月額料金税抜5,400円でフレッツ光のファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼を契約できます。

それに割引サービスである「Web光もっともっと割」を適用することで、月額料金は3,810円にまで下がります。

つまりNTT西日本では、NTT東日本よりも安く戸建て住宅向けのフレッツ光を契約できるわけですね。

集合住宅でフレッツ光を契約する場合、月額料金は建物の規模などで変わる

NTT東日本とNTT西日本の両方とも、フレッツ光を集合住宅で新規契約する場合は建物の規模などにより月額料金が変化します。

NTT東日本の場合

NTT東日本の集合住宅向け光回線プランである「ギガマンション・スマートタイプ」では3つの集合住宅向けプランが展開されていますので、まずはそれぞれの料金をまとめた表をご覧ください。

プラン1 プラン2 ミニ
同じ建物内で見込める契約数 8 16 4
通常月額料金 3,750円 3,350円 4,350円
にねん割 -100円 -100円 -100円
ギガ推し!割引 -200円 -200円 -200円
合計 3,450円 3,050円 4,050円

自分の住んでいるマンション・アパートがどれに当てはまるか、事前に問い合わせて聞いておくと良いでしょう。

プラン2が最もお得な月額料金ですが、「同じ建物内で見込める契約数が16以上」という条件が課せられているため、大きめのマンションやアパートでなければプラン2は適用されないと考えられます。

NTT西日本の場合

続いて、NTT西日本の集合住宅向けプランである「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」の場合の月額料金を解説します。

こちらも表にまとめたので、こちらをご覧ください。

プラン1 プラン2 ミニ
内容 1ユーザーごとの申し込みで、8ユーザー以上の申し込みが見込まれる場合 代表者からの申し込みで、16ユーザー以上の申し込みが見込まれる場合 6ユーザー以上の申し込みが見込まれる場合
通常月額料金 3,700円 3,700円 3,700円
Webもっともっと割適用時 2,930円 2,530円 3,420円

プラン名はNTT東日本とNTT西日本で同じなのですが、プランの内容は全く異なっています。

東日本から西日本、あるいは西日本から東日本に引っ越した場合、集合住宅におけるフレッツ光の月額料金プランの内容は変化することになるので気をつけなければいけませんね。

フレッツ光とセットで契約するプロバイダの月額料金一覧

フレッツ光の光回線を単体で契約しただけでは、インターネットが利用できません。

フレッツ光と合わせて、プロバイダを契約することが必要です。

ここでは大手プロバイダであるOCN、BIGLOBE、So-net、@niftyをセットで契約した場合の月額料金を、NTT東日本とNTT西日本、戸建て住宅と集合住宅でそれぞれ表にまとめました。

NTT東日本

まずはNTT東日本エリアにおいて、フレッツ光と合わせて契約した場合のプロバイダの月額料金を表に一覧でまとめました。

なおギガマンション・スマートタイプは、プラン2の月額料金です。

プロバイダ名 ギガマンション・スマートタイプ(プラン2) ギガファミリー・スマートタイプ
OCN 900円 1,100円
BIGLOBE 900円 1,200円
So-net 900円 1,000円
@nifty 950円 1,000円

こちらの表からわかる通り、ギガマンション・スマートタイプよりギガファミリー・スマートタイプの方が月額料金は高額です。

また月額料金はそれぞれ完全にバラバラですね。

プロバイダは評判やサービス内容をしっかりと確認し、自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

NTT西日本

続いてNTT西日本において光回線と同時に申し込んだ場合のプロバイダ料金を表にまとめました。

なお契約の際には、キャッシュバックや割引などの特典が得られる場合もあります。契約時に確認しておきましょう。

そしてマンション・スーパーハイスピードタイプ 隼におけるプロバイダの月額料金は、プラン2の場合の月額料金です。

プロバイダ名 マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
OCN 810円 1,100円
BIGLOBE 850円 1,000円
So-net 900円 1,000円
@nifty 950円 1,000円

こちらもNTT東日本の場合と同じく、月額料金はそれぞれバラバラです。

マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼の場合はOCN、ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼の場合はそれ以外が安いですね。

フレッツ光の解約金

最後に、割引サービスを適用したフレッツ光を解約する際にかかる解約金についても解説します。

NTT東日本の場合

NTT東日本でフレッツ光をにねん割で契約していた場合は、契約満了の翌月翌月以外に解約すると、

解約金
ギガマンション・スマートタイプ 9,500円
ギガファミリー・スマートタイプ 1,500円

以上の解約金がかかります。

NTT西日本の場合

NTT西日本でフレッツ光を光もっともっと割で契約していた場合は、主に割引満了月とその翌月以外に解約すると解約金が発生します。

解約金は8年目まで毎年変動し、9年目からは固定されます。

解約金については、以下の表をご覧ください。

マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
1年目 7,000円 10,000円
2年目 3,500円 5,000円
3年目 10,500円 30,000円
4年目 7,000円 20,000円
5年目 3,500円 10,000円
6年目 10,500円 30,000円
7年目 7,000円 20,000円
8年目 3,500円 10,000円
9年目以降 3,500円 10,000円

自分が現在契約何年目か、事前に確認しておくことが大事ですね。

まとめ

フレッツ光の月額料金は、NTT東日本とNTT西日本、さらに戸建て住宅と集合住宅、選ぶプロバイダによっても変化します。

初期費用と月額料金、解約金といった様々な料金について理解してからフレッツ光を契約すれば、後から迷うことはありません。

このページを参考にして実際に必要な各種料金を調べ、契約を検討してみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました