フレッツ光からは光コラボへ転用がおすすめ!おすすめ4社と転用についての注意点を徹底解説!

フレッツ光からは光コラボへの転用がおすすめ!おすすめ4社や注意点を解説 フレッツ光

フレッツ光からの「転用」という言葉をよく耳にしますが、「どんな内容なのか、いまいちよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。

フレッツ光からの転用とは、フレッツ光から光コラボの回線へ契約先を変更することを指しています。

転用すると、具体的には以下のようなメリットがあるため、原則として今フレッツ光を契約中の方は転用したほうがおすすめです。

  1. 月々の支払額が安くなる
  2. スマホのセット割を適用してさらにお得にできる
  3. 回線速度が上がる可能性がある
  4. 高額キャッシュバックなどの特典を受けられる
  5. 支払いや問い合わせの窓口が一本化される
  6. 転用にあたってフレッツ光の解約金は不要

光コラボではスマホのセット割が大きなメリットであるため、基本的には次のようにご自身のキャリアにあわせて転用先を選びましょう。

  • ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ
  • ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」がおすすめ
  • auユーザー・格安SIMユーザーなら「So-net光プラス」がおすすめ

今回は、フレッツ光を転用するメリットや注意点のほか、転用先としておすすめの光コラボ回線、転用の手順までを詳しく解説します。

現在フレッツ光を契約中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

フレッツ光通信
この記事を書いた人
フレッツ光通信編集部をフォローする
  1. フレッツ光からの「転用」とは?
    1. フレッツ光から光コラボ(光コラボレーション)に契約先を変えること
    2. 「乗り換え」「事業者変更」との違い
  2. スマホキャリアで選ぼう!転用先におすすめの光コラボ3社
    1. ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ
    2. ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」がおすすめ
    3. auユーザー・格安SIMユーザーなら「So-net光プラス」がおすすめ
      1. 引越しの可能性があるなら「ビッグローブ光」もおすすめ
  3. フレッツ光から光コラボに転用する6つのメリット
    1. ①月々の支払額が安くなる
    2. ②スマホのセット割を適用してさらにお得にできる
    3. ③回線速度が上がる可能性がある
    4. ④高額キャッシュバックなどの特典を受けられる
    5. ⑤支払いや問い合わせの窓口が一本化される
    6. ⑥転用にあたってフレッツ光の解約金は不要
  4. フレッツ光から転用する前に確認したい4つの注意点
    1. ①固定電話番号を引き継げない場合がある
    2. ②プロバイダや割引サービスの解約金がかかる可能性がある
    3. ③フレッツ光でためたポイントは引き継げない
    4. ④勧誘や営業の電話に注意!
  5. フレッツ光から光コラボに転用する流れ
    1. ①転用承諾番号を取得する
    2. ②光コラボを申し込む
    3. ③転用先からの案内に沿って設定を行い、利用開始
    4. ④フレッツ光のプロバイダの解約を忘れずに
  6. 光コラボから他の光コラボへも自由に乗り換え可能!
  7. まとめ

フレッツ光からの「転用」とは?

フレッツ光からの「転用」とは何のことかを順番にご説明します。

フレッツ光から光コラボ(光コラボレーション)に契約先を変えること

フレッツ光からの「転用」とは、光コラボ回線に契約を変えることです。

光コラボ回線とは、NTTのフレッツ回線を使っている光回線サービスのことです。

たとえば、「ドコモ光」や「ソフトバンク光」、「So-net光プラス」など、それぞれコラボ事業者が運営する光コラボ回線があります。

回線設備をフレッツ光のものを使用していますが、サービス内容やプロバイダなどが違う別サービスです。

光コラボを選ぶメリットとしては、フレッツ光回線は全国展開しているので、日本中ほぼどこでも使えます

フレッツ光以外にも、さまざまなサービス内容の光コラボ回線を選ぶことが可能です。

一方で、同じ回線設備を使っている利用者が多いため、通信速度が遅い場合もあります。

なお、auひかりやNURO光はフレッツ回線を使っていないので、光コラボ回線ではありません。

光コラボとフレッツ光は同じ光配線を使っているので、フレッツ光から光回線に転用する際に工事の必要はありません。

当然ながら、回線のスペックも対象エリアも変わりません。

ただ、プロバイダによってはv6プラス対応オプションが使えて、通信速度が向上する可能性もあります。

そのため、フレッツ光で速度が遅い場合は、v6プラスオプションをつけられる光コラボ回線に転用すれば、速度が上がる可能性があります

「乗り換え」「事業者変更」との違い

では、「乗り換え」と「事業者変更」は何が違うのでしょうか?

光回線の「乗り換え」は、他社の光回線事業者に乗り換えることを指します。

一方、「事業者変更」とは、光回線の乗り換えの中でも、特に光コラボ回線から別の光コラボ回線に乗り換えることを言います。

事業者変更であれば光回線の設備自体はフレッツ光のままで、契約先の光回線事業者が変わるだけです。(ドコモ光→ソフトバンク光 など)

この場合も、転用と同じで工事をする必要がありません。

スマホキャリアで選ぼう!転用先におすすめの光コラボ3社

光コラボの何より大きいメリットは、「スマホのセット割」が組めることです。

毎月1,000円のスマホ料金の割引が受けられれば、年に数万円単位の割引になる場合もあります

そのため、光コラボを選ぶ際には、自身のスマホキャリアのセット割が受けられる会社を選ぶのが基本です。

ここでは、スマホキャリアごとに以下の光コラボ回線をおすすめします。

お使いのスマホキャリアに合った回線を選びましょう。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ

ドコモ光_ネットナビ

ドコモ光は、ドコモスマホとのセット割が適用できる唯一の光回線です。

そのため、ドコモユーザーならドコモ光を選ぶとよいでしょう

また、ドコモ光ではプロバイダを選べますが、v6プラス対応プロバイダを選択すれば速度の安定化が見込めます

【ドコモ光の概要】

対応エリア 日本全国
スマホセット割額 ドコモ光セット割で500円~3,500円割引
最大速度 1Gbps
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費用 戸建て マンション
18,000円 15,000円
月額料金(1ギガ) 戸建て マンション
5,000円~5,400円 3,800円~4,200円
3年間実質料金 戸建て マンション
183,000円~197,400円 139,800円~154,200円
3年間実質月額料金 戸建て マンション
5,083円~5,483円 3,883円~4,283円
※価格はすべて税抜

おすすめの申込窓口は、以下の特典がある「ネットナビ」です。

  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • モバイルWiFiルーター無料レンタル

さらに、ネットナビからの申し込み時には、プロバイダは以下の特典を受けられる「GMOとくとくBB」にすることをおすすめします。

  • v6プラス対応
  • v6プラス対応ルーターを無料レンタル可能

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」がおすすめ

ソフトバンク光_STORY

ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクスマホとのセット割が適用できるソフトバンク光がおすすめです。

IPv6高速ハイブリッドのオプションを選択すれば、速度の安定化も見込めます

ひかり電話も含めた月額料金500円のオプションパックに入っていれば、IPv6高速ハイブリッドオプションをつけられます。

【ソフトバンク光の概要】

対応エリア 日本全国
スマホセット割額 おうち割光セットで最大1,000円
最大速度 1Gbps
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費用 ※キャンペーンで実質無料 24,000円
月額料金 戸建て マンション
5,200円 3,800円
3年間実質料金 戸建て マンション
190,200円 139,800円
3年間実質月額料金 戸建て マンション
5,283円 3,883円
※価格はすべて税抜

おすすめの申込窓口は、以下の特典がある「STORY」です。

  • 最大34,000円のキャッシュバック
  • オプション加入不要
  • 開通後に電話で口座番号を伝えるだけで、最短2か月後にキャッシュバック振込

auユーザー・格安SIMユーザーなら「So-net光プラス」がおすすめ

So-net公式

auユーザー、または、格安SIMユーザーなら、「So-net光プラス」がおすすめです。

auのセット割「auスマートバリュー」が適用できるので、auユーザーにメリットがあります。

格安SIMユーザーの場合は割引額が500円以下なので、メリットはあまり大きくありません。

しかし、速度の評価が高いので、速さ重視で選ぶならおすすめです。

ユーザーによるインターネット通信速度の口コミサイト「みんそく」の光回線ランキングを見てみましょう。

2020年11月24日時点のSo-net光プラスの通信速度情報は以下のとおりです。

26位:平均ダウンロード速度 243.81Mbps

200Mbps以上出ているので、十分の速度といえるでしょう。

また、v6プラスオプションは無料なので、速度が安定化します。

【So-net光プラスの概要】

対応エリア 日本全国
スマホセット割額 auスマートバリューで最大1,000円
最大速度 1Gbps
初期費用 事務手数料 3,000円
工事費用 ※キャンペーンで実質無料 24,000円
月額料金 戸建て マンション
1~24か月目:3,480円
25か月目~:5,580円
1~24か月目:2,480円
25か月目~:4,480円
3年間実質料金 戸建て マンション
153,480円 116,280円
3年間実質月額料金 戸建て マンション
4,263円 3,230円
※価格はすべて税抜

おすすめの申込窓口は以下のメリットがある「So-net公式」です。

  • 最初の2年間に月額料金の割引を受けられる
  • 公式からの申し込みなので安心

引越しの可能性があるなら「ビッグローブ光」もおすすめ

引越しの可能性があるなら、ビッグローブ光にするのもおすすめです。

3年プランを選べば、移転工事費が無料です。

転勤などで引っ越す予定があるなら、引越し時に解約費用や工事費がかからない、ビッグローブ光の3年プランをおすすめします。

おすすめの申込窓口は以下のどちらかの特典を選べる「株式会社NEXT」がおすすめです。

【選べるキャンペーン①】

 最大44,000円のキャッシュバック

【選べるキャンペーン②】

 工事費無料、または、割引+キャッシュバックで最大65,000円の還元

フレッツ光から光コラボに転用する6つのメリット

フレッツ光から光コラボに転用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、6つのメリットを見てみましょう。

①月々の支払額が安くなる

フレッツ光から光コラボ回線に転用すると、ほとんどの場合で実質月額料金が安くなります

ここでは、フレッツ光と光コラボ回線の月額料金と3年間実質月額料金を以下の表で比較してみました。

【一般的な光コラボの料金比較(戸建てプラン)】

光コラボ回線 月額料金 3年間実質月額料金
フレッツ光(東日本) 5,720円 6,294円
フレッツ光(西日本) 4,730円 5,304円
So-net光プラス 1~24か月目:3,480円
25か月目~:5,580円
4,263円
コミュファ光 1~12か月目:3,930円
13か月目~:4,930円
4,263円
AsahiNet光 4,300円 4,383円
@nifty 2~31か月目:4,600円
32か月目~:5,200円
4,616円
ビッグローブ光 4,980円 5,063円
ドコモ光 5,000円~5,400円 5,083円~5,483円
OCN光 5,100円 5,183円
ソフトバンク光 5,200円 5,283円
BBエキサイト光 5,300円 5,383円
※価格はすべて税抜

この表を見てもわかるとおり、ほとんどの光コラボ回線の実質料金はフレッツ光よりも安くなっています。

そのため、よほどのメリットがない限り、フレッツ光で高い月額料金を払い続けるよりは、光コラボ回線のほうが断然お得です。

②スマホのセット割を適用してさらにお得にできる

光コラボ回線にはスマホのセット割が使える回線もあります。

セット割が適用できる光回線と割引額を表でまとめてみました。

お使いのスマホキャリアに対応している光回線を選べば、スマホ料金が割引になるのでお得ですよ。

【光回線のスマホセット割】

スマホキャリア スマホセット割 スマホ割引額 対応光回線
ドコモ ドコモ光セット割 500円~3,500円 ドコモ光
au auスマートバリュー 最大1,000円 auひかり
So-net光プラス
AsahiNet光
@nifty
ビッグローブ光
コミュファ
ソフトバンク おうち割光セット 最大1,000円 ソフトバンク光
格安SIM OCN モバイル ONE OCN光モバイル割 最大200円 OCN光

③回線速度が上がる可能性がある

光コラボ回線はフレッツ光回線を使っており、回線設備は変わらないため最大速度は変わりません。

しかし、光コラボ回線がv6プラスなどのIPv6サービスを提供していれば、速度が安定化する可能性があります。

フレッツ光回線を使っていて回線速度が遅いと感じている方は、転用を検討してみてください。

④高額キャッシュバックなどの特典を受けられる

光コラボ回線に転用する際に、高額キャッシュバックなどの特典を受けられる可能性もあります。

【光コラボ回線の特典】

光コラボ回線 特典内容
ドコモ光 【ドコモ光公式特典】dポイント10,000ポイントプレゼント
【GMOとくとくBB特典】キャッシュバック最大20,000円
ソフトバンク光 【NEXT特典】キャッシュバック最大60,000円
So-net光プラス 【So-net公式特典】月額料金割引
ビッグローブ光 【NEXT特典】キャッシュバック最大44,000円

光コラボ回線には、このような特典が用意されています。

そのため、最もお得な特典を選んで転用することで、お得に契約できますよ!

⑤支払いや問い合わせの窓口が一本化される

フレッツ光を使うためには、別にプロバイダを契約する必要があります。

回線設備はNTTのフレッツ光を使いますが、契約関連はプロバイダで行います。

しかし、利用者にとっては、フレッツ光とプロバイダの2つの問い合わせ窓口があるということですから、混乱してしまいますよね。

一方、光コラボなら問い合わせ窓口が一本化されているので、わかりやすくなるでしょう。

⑥転用にあたってフレッツ光の解約金は不要

光コラボに転用する際には、フレッツ光の解約金を支払う必要がありません

そのため、大きな負担がなく、光回線を乗り換えることが可能です。

通常、光回線を乗り換えると、解約時に違約金が必要だったり、新規工事費用が必要だったりします。

しかし、転用なら、違約金も工事費もいらず、簡単に乗り換えられます。

ただし、フレッツ光ではなく、プロバイダの解約金や割引サービスの解除料がかかる場合があるのでご注意ください。

詳細については、「プロバイダや割引サービスの解約金がかかる可能性がある」をご覧ください。

フレッツ光から転用する前に確認したい4つの注意点

フレッツ光から光コラボ回線に転用する際には、注意していただきたい以下の4つの点がありますのでご説明します。

①固定電話番号を引き継げない場合がある

フレッツ光で発番した電話番号は、基本的には光コラボに転用する際に引き継げます

しかし、ソフトバンク光の「光電話(N)」など、フレッツ光以外で発番した固定電話番号は引き継げないので、ご注意ください。

②プロバイダや割引サービスの解約金がかかる可能性がある

フレッツ光自体の解約金は不要ですが、フレッツ光で契約していたプロバイダの解約金がかかる場合があります。

また、割引サービスの「にねん割」を契約していると、解約金がかかる場合もあります。

解約金の例は以下のとおりです。

プロバイダの解約金
  • @nifty:3,000円
  • ビッグローブ:5,000円
フレッツ光「にねん割」の解約金(更新月以外に解約した場合)
  • 戸建て向けサービス:10,450円
  • 集合住宅向けサービス:1,650円

このように、転用時にフレッツ光のプロバイダの解約金やにねん割の解約金が発生する場合がありますので、ご注意ください。

③フレッツ光でためたポイントは引き継げない

フレッツ光には、「フレッツ光メンバーズクラブ」というポイントサービスがあります。

フレッツ光の利用料金を支払うだけで毎月ポイントがたまり、さまざまなサービスでポイントを使えるものです。

しかし、光コラボに転用すると、このポイントは消滅してしまいます。

そのため、光コラボに転用する前に、フレッツ光のポイントを使い切ってしまうことをおすすめします。

④勧誘や営業の電話に注意!

光コラボに転用する際には、さまざまな代理店や窓口などがあります。

「フレッツ光から光コラボに転用すればお得になる」などという、電話がかかってくることがあるかもしれません。

あたかもNTTからの電話のように勧誘してくることもあり、NTTならと信じて勧誘に乗ってしまうこともあります

このような光コラボへの勧誘の営業電話や訪問は、たいてい条件が悪く、無駄なオプションをつけられてしまうこともよくあります。

そのため、このような勧誘で転用するのはおすすめできません。

光コラボに転用するなら、Web窓口経由での申し込みが最もお得です。

Web窓口なら、お得なキャッシュバックや割引を受けることが可能です。

また、Web申し込みなので、無駄なオプションをつけてしまうこともありません。

光コラボへの転用をすすめる勧誘電話や訪問は多いですが、お得とはいえません。

お得なWeb窓口から転用することをおすすめします。

フレッツ光から光コラボに転用する流れ

フレッツ光から光コラボ回線に転用する手続きについて詳しくご紹介します。

これから転用をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

①転用承諾番号を取得する

転用承諾番号を取得しましょう。

転用承諾番号をもらうためには、フレッツ光東日本、または、フレッツ光西日本から取得します。

取得時に必要な情報は、以下のフレッツ光の契約情報です。

  • お客様ID(CALから始まる)、または、ひかり電話の電話番号
  • 契約者名
  • 住所
  • 支払い方法 など

申請方法は電話とWebの二通りがあり、連絡先などは以下のとおりです。

【転用承諾番号の問い合わせ先】

電話 Web
フレッツ光東日本
(NTT東日本)
電話番号:0120-112335
受付時間:午前9時~午後5時 土曜・日曜・祝日も受付(年末年始を除く)
こちら/から
フレッツ光西日本
(NTT西日本)
電話番号:0120-553-104
受付時間:午前9時~午後5時 土曜・日曜・祝日も受付(年末年始を除く)
こちらから

ただし、転用承諾番号に15日間の有効期限があり、有効期限内に転用手続きを行う必要があります

また、転用先の光コラボ回線側で、有効期限が一定日数以上残ってないと、転用申し込みを受け付けてくれないこともあります。

そのため、転用承諾番号を受け取ったら、すぐに転用申し込みを行いましょう。

②光コラボを申し込む

転用先の光コラボ回線を申し込みます。

申し込む際には、お得なWeb窓口から申し込みましょう。

申込時には、転用承諾番号を入力します。

また、ひかり電話の電話番号を引き継ぐ際には、その旨を必ず入力しましょう。

申込時に伝えることで、電話番号の引き継ぎが可能です。

③転用先からの案内に沿って設定を行い、利用開始

申し込み手続きが完了したら、光コラボ回線から利用開始の案内が届きます。

その後、インターネット回線が光コラボ回線に自動的に切り替わりますので、その時点で利用開始できます。

④フレッツ光のプロバイダの解約を忘れずに

光コラボ回線を利用開始したら、フレッツ光で以前利用していたプロバイダの解約手続きを忘れないようにしましょう。

フレッツ光の方は、この時点で解約処理は済んでいます。

しかし、契約していたプロバイダには何の連絡もされていません。

そのため、転用後にプロバイダの解約が必要です。

プロバイダの解約をしないと、いつまでも不要なプロバイダの月額利用料を支払い続けることになってしまいます。

そうならないように、必ずプロバイダへの解約連絡をしましょう。

光コラボから他の光コラボへも自由に乗り換え可能!

光コラボ回線同士の乗り換えも可能です。

光コラボ回線から光コラボ回線に乗り換えることを、「事業者変更」といいます。

光コラボ回線同士で乗り換えても、フレッツ光からの転用と同じで、光回線設備は同じです。

そのため、工事は不要なので、回線工事費もかかりません

ただし、事業変更時にも解約金はかかる可能性があるので、注意が必要です。

まとめ

この記事では、フレッツ光から転用する際のメリット・デメリット、転用の手続き方法やおすすめの転用先光回線情報などをご紹介しました。

光コラボ回線に転用すると、次のような6つのメリットがあります。

  1. 月々の支払額が安くなる
  2. スマホのセット割を適用してさらにお得にできる
  3. 回線速度が上がる可能性がある
  4. 高額キャッシュバックなどの特典を受けられる
  5. 支払いや問い合わせの窓口が一本化される
  6. 転用にあたってフレッツ光の解約金は不要

一方で、次のようなデメリットもあります。

上記のメリットとデメリットを比べてもわかるとおり、メリットが大きいので転用したほうがお得です。

固定電話番号の引き継ぎや解約金、フレッツ光のポイントに注意すれば、月額料金が安くなる、速度が安定するなど多くのメリットを得られるでしょう。

おすすめの転用先光コラボ回線は、お使いのスマホキャリアによって異なります。

  • ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ
  • ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」がおすすめ
  • auユーザー・格安SIMユーザーなら「So-net光プラス」がおすすめ

また、転用する際には、キャッシュバック特典がつくなどお得な代理店窓口から申し込むことをおすすめします。

ここでご説明した光コラボ回線への転用手続きを参考にして、お得に光コラボ回線に転用してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました