【2020年】オススメ光回線20社を徹底比較!4つのポイントで自分に合った回線を選ぼう

光回線おすすめ 光回線

「お得にインターネットを使いたい」「サクサク使える回線がよい」などさまざまな希望があり、どの光回線を選べばよいのか悩んでいる方も多いですよね。

光回線を選ぶときは、以下の3つのポイントが大切です。

  • 実質料金の安さ
  • 速度の速さ
  • セット割引

今回は光回線20社を徹底比較し、それぞれのポイントに注目していきます。

結論として、オススメの光回線は以下のとおりです。

本記事では光回線の仕組みから選ぶポイント、オススメの光回線など、光回線の基本的な知識を網羅的に解説していきます。

ぜひ参考にして、自分にぴったりの回線を選んでくださいね。

フレッツ光通信
この記事を書いた人
フレッツ光通信編集部をフォローする

そもそも光回線とは!本当に光回線を選ぶべき?

そもそも光回線とは何なのか、「よくわからない…」という方も多いですよね。

インターネットには、主に4つの種類があります。

  • 光回線
  • ホームルーター
  • ポケットWiFi
  • スマホなどのモバイル端末(テザリング含め)

各回線のメリット・デメリットは以下のとおりです。

  メリット デメリット
光回線 ・速度が速くて安定している

 

・通信制限がないので容量を気にせず利用できる

・回線工事が必要な場合、開通までに数週間かかる

 

・設置場所でしか使えない

ホームルーター ・工事が不要

 

・引っ越しの際の手続きが簡単

・通信速度が遅い

 

・持ち運びができない

ポケットWiFi ・持ち運びができて、外出時でも使える

 

・レンタルもあり、短期間の利用も可能

・充電がなくなると使えなくなる

 

・電波が繋がらないエリアもある

・速度制限がある

モバイル端末 ・持ち運びができて、外出時でも使える

 

・モデムやルーターがなくても、テザリング機能のある端末さえあれば使える

・通信料が追加でかかることもある

 

・スマホのバッテリーを消費する

・通信速度が遅い

光回線は、自宅へ光回線を引き、プロバイダを契約すれば、パソコンやスマートフォンなどをインターネットに接続できます。

  • 光回線は以下のような人にオススメです。
  • 動画やゲームをする機会が多く、速度制限を気にしたくない
  • 安定した速度でインターネットを利用したい
  • 自宅でインターネットをよく使う

外出中にインターネットを使う機会の多い方や、短期間だけインターネットを使いたい方は、ポケットWiFiがオススメです。

工事せずに家で固定で使用したい方にはホームルーターという選択肢もあります。

ホームルーターが気になる方はくわしく解説した記事もあわせて、参考にしてくださいね。

【2020年最新】オススメ光回線はここだ!厳選5社を解説

光回線にはたくさんの種類があるので、どれが自分にぴったりの回線なのか悩みますよね。

ここでは、光回線20社の最新情報を戸建て・マンションごとに比較してみました。

【戸建てタイプ】光回線20社の料金・キャンペーン比較表>

  3年間の実質料金※1 月額基本料金 平均速度(下り)※2 工事費無料キャンペーン セット割引 キャッシュバック
auひかり 201,000円 5,100円~ 263.58Mbps au 60,000円
NURO光 143,748円 4,743円 339.97Mbps Softbank 50,000円
So-net光プラス 161,880円 5,580円 186.34Mbps au 最大110,000円
BIGLOBE光 158,280円 4,980円 158.53Mbps

au

BIGLOBE SIM

35,000円
楽天ひかり 165,800円 4,800円 140.76Mbps

 

18,000円

楽天モバイル
@nifty光 168,360円 5,200円 104.82Mbps

 

18,000円

au 30,000円
コミュファ光 202,480円 5,550円 425.83Mbps au 37,000円※4
ソフトバンク光 172,200円 5,200円 186.4Mbps Softbank

 

Y!mobile

34,000円
eo光 172,308円 4,953円 264.11Mbps au
@スマート光 172,800円 4,300円 75.6Mbps

 

※期間限定

ぷらら光 173,800円 4,800円 151.68Mbps

 

18,000円

ひかりTV 35,000円
excite光 186,960円 4,360円 172.38Mbps

 

18,000円

Marubeni光 187,000円 4,250円 77.35Mbps

 

19,000円

enひかり 187,800円 4,300円 171.48Mbps

 

15,000円

UQ mobile
DTI光 189,800円 4,800円 133.62Mbps

 

18,000円

au

 

DTI SIM

19,000円
ドコモ光 190,200円 5,200円

 

※3

155.67Mbps docomo 15,000円
OCN光 219,600円 5,100円 148.18Mbps

 

18,000円

OCNモバイルONE 10,000円
Broad光 228,480円 5,180円 86.04Mbps

 

24,000円

フレッツ光(西日本) 230,400円※6 5,400円※4 158.58Mbps

 

18,000円

フレッツ光(東日本) 244,800円※6 5,800円※4

 

18,000円

※1:価格は税抜、別途事務手数料が発生、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算
※2:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています

※3:タイプAの料金を記載
※4:現金かNintendo Switchプレゼントのどちらかを選べる
※5:プロバイダ料金込み。今回はOCN(1,100円)で算出。

3年間の実質料金が最も安いのはNURO光だとわかります。

速度が速いのは、平均速度(下り)が425.83Mbpsのコミュファ光、キャッシュバック額が最も大きいのは、最大110,000円のSo-net光プラスでした。

【マンションタイプ】光回線20社の料金・キャンペーン比較表>

  3年間の実質費用※1 月額基本料金 平均速度※2 工事費無料キャンペーン セット割引 キャッシュバック
NURO光 61,400円 1,900円~※3 339.37Mbps Softbank 25,000円
auひかり 157,800円 4,050円※3 263.58Mbps au 60,000円
So-net光プラス 95,880円 4,480円 186.34Mbps au 最大110,000円
ソフトバンク光 121,800円 3,800円 186.4Mbps Softbank

 

Y!mobile

34,000円
BIGLOBE光 122,280円 3,980円 158.53Mbps au

 

BIGLOBE SIM

35,000円
ぷらら光 127,600円 3,600円 151.68Mbps

 

15,000円

ひかりTV 35,000円
楽天ひかり 129,800円 3,800円 140.76Mbps

 

15,000円

楽天モバイル
@nifty光 131,640円 3,980円 104.82Mbps

 

15,000円

au 30,000円
eo光 132,864円 3,524円 246.11Mbps au
@スマート光 136,800円 3,300円 75.6Mbps

 

※期間限定

Marubeni光 141,400円 2,900円 77.35Mbps

 

19,000円

DTI光 143,600円 3,600円 133.62Mbps au

 

DTI SIM

19,000円
ドコモ光 147,000円 4,000円※4 155.67Mbps docomo 15,000円
excite光 149,160円 3,360円 172.38Mbps

 

15,000円

enひかり 151,800円 3,300円 171.48Mbps

 

15,000円

UQ mobile
OCN光 152,600円 3,600円 148.18Mbps

 

18,000円

OCNモバイルONE 10,000円
フレッツ光(西日本) 164,760円※7 3,660円

 

※3・5

158.58Mbps

 

15,000円

フレッツ光(東日本) 175,200円※7 3.950円

 

※3・5

 

15,000円

コミュファ光 184,400円 5,500円 425.83Mbps au 37,000円
Broad光 188,880円 4,080円 86.04Mbps

 

24,000円

※1:価格は税抜、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算、マンションは16契約以上
※2:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています
※3:入居者人数によって月額料金が変動
※4:タイプAの料金を記載
※5:プロバイダ料金込み。今回はOCN(東日本: 900円、西日本:810円)で算出。

3年間の実質料金が最も安いのは、戸建てと同じくNURO光です。

他社と比べると半額以下になる場合もあり、「とにかく安い光回線が良い」という方にはぴったりです。

ただし、NURO光は提供エリアが限られているのが注意点ですよ。

速度が速いのは、マンションタイプでもコミュファ光でした。

キャッシュバック額が最も大きいのは、最大110,000円のSo-net光プラスです。

結論からお伝えすると、2020年8月のオススメ光回線は以下の5社です。

  • auユーザーは「auひかり」
  • auひかりが提供エリア外なら「So-net光」
  • ドコモユーザーは「ドコモ光」
  • ソフトバンクユーザーは「NURO光」
  • NURO光が提供エリア外なら「ソフトバンク光」

それぞれの回線について詳しくご紹介します。

auユーザーは「auひかり」がオススメ!

auユーザーはセット割が使える「auひかり」がオススメです!

<auひかりの基本情報>

月額料金(戸建て)5,100円
(ずっとギガ得プラン)
月額料金(マンション)3,800円
(V16プラン)
キャッシュバック最大60,000円キャッシュバック
※代理店フルコミットから申し込んだ場合
適用できるセット割au
エリア【戸建てプラン】
関西・東海・沖縄以外
【マンションプラン】
沖縄県を除く全国
(沖縄県はauひかりちゅらを契約)
最大通信速度最大1・5・10Gbps
こんな人にオススメ!
  • キャッシュバックで実質料金を下げたい人
  • auユーザーの人

auひかりは独立回線なので、速度が比較的安定しやすいです。

最大10Gbpsの高速回線サービスも提供しています。

auユーザーの方は、au携帯の利用料金から1台ごとに永年毎月最大1,000円(税抜)の割引が適用されます。

auひかり1回線で家族も10回線分まで適用できるので、家族内で利用している方が多い場合はよりお得に利用できます!

またauひかりは、高額かつ受け取りやすいキャッシュバックも魅力です。

お得に申し込むなら、申込窓口は「代理店フルコミット」 がオススメです。

代理店フルコミットでは、以下の2つのキャンペーンを利用できます。

  • 最大60,000円のキャッシュバック
  • 最大55,000円の他社違約金負担

auひかりだけでも最大50,000円のキャッシュバックを受け取れますが、ひかり電話もセットで加入すると最大60,000円でさらにお得に。

電話を利用する予定のある方は、auひかりを申し込んだタイミングで一緒に申し込むのがよいでしょう。

代理店フルコミットだと、開通月の翌月末までにキャッシュバックが振り込まれるので、早めに受け取れるのも魅力です。

申請方法は、開通工事が完了したら弊社カスタマーセンターまで電話して、口座情報を伝えるだけ。

開通確認が取れたら、指定した口座にキャッシュバックが振り込まれます。

  • キャッシュバックを受け取る条件は以下のとおりです。
  • 1年間の継続利用を約束すること
  • プロバイダはSo-netを選択すること
  • キャンペーンサイトから新規申込すること

オプション加入も不要で高額キャッシュバックを素早く受け取れるのはありがたいですね。

さらに、他社の違約金を最大55,000円まで負担してくれるのも大きなメリット!

他社回線を解約する際には、違約金や工事費用、端末代金の残債がかかることがあり、「違約金が気になって、乗り換えを躊躇している」という方も多いですよね。

そんな方もauひかりなら、安心して乗り換えられます。

しかし、auひかりは対象エリアが限られているのがデメリット。

戸建てだと対象エリアは関西・東海・沖縄以外、マンションは沖縄県を除く全国となっているので注意が必要です。

auひかりについては、こちらの記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

auひかりが提供エリア外なら「So-net光」もオススメ

auひかりが提供エリア外のauユーザーでも、auスマートバリュー対応の光回線はたくさんあります。

全国で契約できるのは、光コラボでauスマートバリュー対応の「So-net光」と「BIGLOBE光」の2つ。

コストパフォーマンスを求めるなら、オススメは割引キャンペーンの還元額が大きい「So-net光」です。

< So-net光プラスの基本情報>

月額料金(戸建て)5,580円
月額料金(マンション)4,480円
キャンペーン2年間月額割引適用
戸建て:3,080円
マンション:2,080円
※公式サイトから申し込んだ場合
適用できるセット割au
エリア全国
最大通信速度最大1Gbps
こんな人にオススメ!
  • auのスマホを利用している人
  • 月額料金を抑えたい人

通信速度はフレッツ光と同様の1Gbps。

auスマホとのセット割引が受けられるのはもちろん、So-net独自のキャンペーンを受けられてお得にネットを使えます。

総合セキュリティソフト「S-SAFE」を無料で最大7台までインストールできるのも嬉しいポイント。

家族みんなで安心してインターネットを利用できます。

So-net光プラスを申し込むときには、So-net公式からがオススメです。

So-net公式から申し込むと、2年間は実質料金が最安になります。

不要なオプションを契約する必要もなく、申し込み不要で初月から自動適用されるので、確実に料金を安くできます。

So-net光プラスについては、こちらの記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

ドコモユーザーは「ドコモ光」がオススメ

ドコモユーザーは、唯一ドコモのスマートフォンとセット割ができる「ドコモ光」がオススメです。

セット割を使えるだけでなく、dポイントが進呈されるなどドコモユーザーに嬉しい特典がたくさんあります。

<ドコモ光の基本情報>

月額料金(戸建て)5,200円
月額料金(マンション)4,000円
キャンペーンプロバイダからの申し込みで、最大20,000円キャッシュバック
適用できるセット割ドコモ
エリア全国
最大通信速度1・10Gbps
こんな人にオススメ!ドコモユーザーの人
プロバイダの選択肢が多い方がいい人

※タイプAに含まれるプロバイダを選んだ際の料金を表示しています。

ドコモ光はフレッツ回線を利用する「光コラボ」なので、利用者が多く夜間や土日祝は回線が混雑しやすいのが少し難点。

しかし24社のプロバイダから好みに合わせて選べるので、GMOとくとくBBなどのv6プラスに対応したプロバイダを選択すれば、通信速度が安定しやすくなります。

ドコモ光の申込窓口は、「代理店ネットナビ」がベストです。

ドコモ光を契約するための申込窓口は複数ありますが、代理店ネットナビは高額キャッシュバックを簡単に受け取れるのが嬉しいポイント。

オプション加入なしでも、最短翌月末に15,000円のキャッシュバックがもらえます。

さらに、モバイルWi-Fiの無料レンタルもおこなっているため、開通までの期間もインターネットを使いたいという人には便利です。

ドコモ光については、こちらの記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

ソフトバンクユーザーは「NURO光」!マンションタイプがお得

ソフトバンクユーザーにオススメなのは、「NURO光」。

NURO光はマンションタイプがリーズナブルなので、マンションにNURO光の設備がある方はとくにオススメです!

<NURO光の基本情報>

月額料金(戸建て) 4,743円
月額料金(マンション) 1,900円~
キャンペーン 戸建:最大50,000円 ※Life Bankからお申込みの場合 マンション:25,000円
適用できるセット割 ソフトバンク
エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
群馬県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県
岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県
滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県
最大通信速度 2Gbps
こんな人にオススメ! とにかく通信速度を重視したい人
ソフトバンクのスマホを利用している人

NURO 光は日本で唯一「G-PON」という通信規格を採用することで、最大2Gbpsの高速通信を実現

他社と比べて約2倍と、速くて安定した通信速度が魅力です!

NURO光にはさまざまな申込窓口がありますが、キャンペーン条件のよいNURO光公式特設ページから申し込むのがオススメです。

NURO光公式特設ページのキャンペーン内容は以下のとおりです。

  • オプションなしで開通2ヶ月後に45,000円のキャッシュバック
  • 40,000円の工事費が実質無料

なお、「光電話」と「ひかりTV for NURO光」もつけるなら、キャッシュバック総額が最大50,000円のLifeBankもオススメです。

NURO光は提供エリアがまだ限られているのがデメリットです。

提供エリアは、以下の通りです。

戸建て マンション
北海道
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
九州:福岡県、佐賀県
北海道
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
九州:福岡県、佐賀県

NURO光については、こちらの記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

NURO光が提供エリア外なら「ソフトバンク光」もオススメ

NURO光はまだ提供エリアが限られているため、エリア外の場合は「ソフトバンク光」もオススメです。

ソフトバンク光は上下最大1Gbps対応で、フレッツ光の光回線を借り受けているサービスです。

<ソフトバンク光の基本情報>

月額料金(戸建て)5,200円
月額料金(マンション)3,800円
キャンペーン最大34,000円キャッシュバック
※代理店STORYから申し込んだ場合
適用できるセット割ソフトバンク、ワイモバイル
エリア全国
最大通信速度1・10Gbps
こんな人にオススメ!
  • ソフトバンクやワイモバイルユーザーの人
  • 乗り換えコストを抑えたい人

月額500円(税抜)~のオプション契約をすると、ソフトバンクユーザーは携帯料金から毎月最大1,000円(税抜)、家族間で最大10回線まで割引されます。

さらに、回線速度を改善するIPv6接続自体の利用料は無料。

安定した速度のインターネットを、リーズナブルに利用できます。

またワイモバイルのセット割はNURO光では対応していないため、ワイモバイルユーザーの方はソフトバンク光がオススメです。

ソフトバンク光の申込窓口でオススメなのは「代理店STORY」です。

STORYの特設サイトからソフトバンク光を申し込めば、最大34,000円の高額キャッシュバックがもらえます。

さらに、開通後カスタマーセンターに口座情報を電話するだけで受け取れ、振込までも最短2ヶ月とほとんど期間があきません。

ソフトバンク光については、こちらの記事でさらに詳しく解説しているので参考にしてください。

光回線を選ぶ上でチェックしたい4つのポイント

光回線を比較するうえでチェックしたいのが、以下の4つのポイントです。

ここでは光回線20社の最新情報を戸建て・マンションごとに比較し、条件別にオススメ回線をご紹介します。

提供エリアを比較

光回線を契約する上でまず確認しておきたいのが、提供エリアです。

光回線によっては契約できるエリアが限られていることもあるので、自宅で契約できる回線がどこかを知りましょう。

ここでは、一覧表で各社の提供エリアを比較していきます。

 提供エリア
(戸建て)
提供エリア
(マンション)
auひかり関西・東海・沖縄以外沖縄県を除く全国
NURO光北海道
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
九州:福岡県、佐賀県

北海道
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
九州:福岡県、佐賀県
So-net光プラス全国全国
BIGLOBE光全国全国
楽天ひかり全国全国
@nifty光全国全国
コミュファ光愛知県、岐阜県、三重県、静岡県愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
ソフトバンク光全国全国
eo光大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県
@スマート光全国全国
ぷらら光全国全国
excite光全国全国
Marubeni光全国全国
enひかり全国全国
DTI光全国全国
ドコモ光全国全国
OCN光全国全国
Broad光全国全国
フレッツ光(西日本)北陸:福井県、石川県、富山県
東海:愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
関西:兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県
中国:島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県
四国:愛媛県、香川県、高知県、徳島県
九州:福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県
北陸:福井県、石川県、富山県
東海:愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
関西:兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県
中国:島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県
四国:愛媛県、香川県、高知県、徳島県
九州:福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県
フレッツ光(東日本)北海道
東北:青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
関東:東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨木県、栃木県、群馬県
中部:山梨県、長野県、新潟県
北海道
東北:青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
関東:東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨木県、栃木県、群馬県
中部:山梨県、長野県、新潟県

提供エリア内となっていても一部地域では利用できないこともあるので注意が必要です。

公式HPで詳しい提供エリアを確認できるので、自宅の住所を調べてみてください。

実質料金の安さを比較

「なるべくお得にインターネットを契約したい」という方が注目すべきなのは、月額料金よりも実質料金の安さです。

実質料金は、「月額料金×契約期間+初期費用―割引額(キャンペーンやキャッシュバックなど)」で算出します。

ここでは、光回線20社の戸建て・マンションごとの実質料金を表で比較してみました。

戸建てタイプ マンションタイプ
  月額基本料金 3年間の
実質料金
月額基本料金 3年間の
実質料金
auひかり 5,100円~ 201,000円 3,800円
※1
157,800円
NURO光 4,743円 143,748円 1,900円~
※1
61,400円
So-net光プラス 5,580円161,880円 4,480円95,880円
BIGLOBE光 4,980円 158,280円 3,980円 122,280円
楽天ひかり 4,800円 165,800円 3,800円 129,800円
@nifty光 5,200円 168,360円 3,980円 131,640円
コミュファ光 3,930円 180,980円 3,200円 154,700円
ソフトバンク光 5,200円 172,200円 3,800円 121,800円
eo光 4,953円 172,308円 3,524円 132,864円
@スマート光 4,300円 172,800円 3,300円 136,800円
ぷらら光 4,800円 173,800円 3,600円 127,600円
excite光 4,360円 186,960円 3,360円 149,160円
Marubeni光 4,250円 187,000円 2,900円 141,400円
enひかり 4,300円 187,800円 3,300円 151,800円
DTI光 4,800円 189,800円 3,600円 143,600円
ドコモ光 5,200円
※2
180,200円 4,000円
※2
147,000円
OCN光 5,100円 219,600円 3,600円 152,600円
Broad光 5,180円 228,480円 4,080円 188,880円
フレッツ光(西日本) 5,400円
※3
230,400円 3,660円
※1・4
164,760円
フレッツ光(東日本) 5,800円
※3
244,800円 3.950円
※1・4
175,200円

※:価格は税抜、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算、マンションは16契約以上
※1:入居者人数によって月額料金が変動
※2:タイプAの料金を記載
※3:プロバイダ料金込み。今回はOCN(1,100円)で算出。
※4:プロバイダ料金込み。今回はOCN(東日本: 900円、西日本:810円)で算出。

比較した結果、実質料金が安いのは、戸建てだと以下のとおり。

  • 1位:143,748円の「NURO光」
  • 2位:158,280円の「BIGLOBE光」
  • 3位:161,880円の「So-net光プラス」

マンションだと以下のとおりです。

  • 1位:61,400円の「NURO光」
  • 2位:95,880円の「So-net光プラス」
  • 3位:121,800円の「ソフトバンク光」

NURO光公式特設ページからの申込みなら、オプション無しでも45,000円のキャッシュバックを受けられて、さらに工事費も無料!

BIGLOBE光とSo-net光プラスも、工事費が無料です。

速度の速さを比較

通信速度の速さも、重視したいポイント。

動画を見たりネットサーフィンをしたりするときに、通信速度が遅くてなかなか読み込まれないとストレスになります。

光回線の速度を比較するときに気を付けたいのが、最大通信速度ではなく実施値を見ること。

最大通信速度とはあくまで「技術規格上の最大値」なので、実際に自宅でインターネットを使用するときの速度を示すものではありません。

最大通信速度がどれだけ速くても、時間帯や利用者数、インターネットを接続する環境などによっては遅くなってしまうことも。

実施値は、みんなのネット回線速度わたしのネットの速度測定ページで確認できます。

今回は「みんなのネット回線速度」にユーザーから寄せられた、各回線の平均通信速度結果を比較してみました。

 戸建てタイプの
平均速度※1
マンションタイプの
平均速度※1
auひかり263.58Mbps263.58Mbps
NURO光339.97Mbps339.37Mbps
So-net光プラス186.34Mbps186.34Mbps
BIGLOBE光158.53Mbps158.53Mbps
楽天ひかり140.76Mbps140.76Mbps
@nifty光104.82Mbps104.82Mbps
コミュファ光425.83Mbps425.83Mbps
ソフトバンク光186.4Mbps186.4Mbps
eo光264.11Mbps246.11Mbps
@スマート光75.6Mbps75.6Mbps
ぷらら光151.68Mbps151.68Mbps
excite光172.38Mbps172.38Mbps
Marubeni光77.35Mbps77.35Mbps
enひかり171.48Mbps171.48Mbps
DTI光133.62Mbps133.62Mbps
ドコモ光155.67Mbps155.67Mbps
OCN光148.18Mbps148.18Mbps
Broad光86.04Mbps86.04Mbps
フレッツ光(西日本)158.58Mbps158.58Mbps
フレッツ光(東日本)

※1:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています

これらの表から、以下の4つは通信速度が速いことがわかりました。

  • NURO光(下り434.32Mbps・上り428.39Mbps)
  • eo光(下り365.54Mbps・上り315.54Mbps)
  • auひかり(下り359.6Mbps・上り323.98Mbps)
  • コミュファ光(下り478.28Mbps・上り347.03Mbps)

光回線の速度は独立回線の方が速いと言われています。

フレッツ光の回線を借りている「コラボ光」に比べると利用者が少なく、回線が混みあいにくいことがその理由です。

しかし提供エリアが限られていることがデメリット。

速度を重視したい方は、お住まいのエリアで使える独立回線があるかを確認して、この中から選ぶのがオススメです。

セット割引の対応状況を比較

光回線には、それぞれスマホとのセット割引があります。

現在スマートフォンを契約している方は、契約中のスマートフォンとセットで使うことで割引を受けられる光回線を選ぶのがお得です。

主なセット割対応の光回線と割引額は、次のとおりです。

<主なセット割対応の光回線と割引額>

 セット割対応の光回線割引額(税抜)適用条件
ドコモドコモ光毎月最大1,000円
auauひかり、コミュファ光、eo光、So-net光プラスなど毎月最大1,000円×10回線割引auひかり電話契約
(500円/月)
ソフトバンクソフトバンク光、NURO光毎月最大1,000円×10回線割引オプションパック
(500円/月)
Y!mobileソフトバンク光毎月最大500円×10回線割引オプション契約
(500円~/月)

セット割に対応した光回線を選ぶことで、毎月の通信費が節約できます。

ただし、光回線の料金ではなく、携帯電話料金から割引されることも多いので注意しましょう。

契約しているスマホとセット割できる光回線がない場合は、月額料金やキャンペーン割引がお得な回線を選ぶことをオススメします。

光回線の申し込み~開設までの流れ

光回線の申し込みから開設までの大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 光回線のエリア確認と新規申込を行う
  2. 光回線の開通工事日を決める
  3. 光回線の開通工事を実施する
  4. 接続設定を行って光回線の開通が完了

それぞれの詳しい内容をご紹介します。

①光回線のエリア確認と新規申込を行う

まずはお住いの住所が、申込みをする光回線の提供エリア内かを確認します。

マンションで光回線を契約する際は、事前に大家さんや管理会社へ連絡・許可をとっておきましょう。

その後、新規申し込みを行います。

申込窓口は公式サイトや代理店サイト、家電量販店などがありますが、それぞれ受けられる特典が異なります。

キャンペーンの適用条件や申請方法をしっかりと確認した上で申し込み手続きを進めましょう。

サイトで「お申込み」をクリックし、画面の指示に従って必要事項を入力・送信します。

②光回線の開通工事日を決める

申込み後にオペレーターから契約内容の確認に関する電話がかかってきて、光回線の開通工事日を調整します。

転用や事業者変更でない場合は基本的に開通工事の立ち会いが必須ですが、本人とすぐに連絡をとれることを条件に代理人でも立ち合いが認められる会社もあります。

光回線の申し込みから開通までにかかる時間は、基本的には2週間~2ヶ月程度

どの光回線も引っ越しシーズンの春などは申し込み希望者が多く、開通まで長引いてしまいがちなので、すぐに使い始めたい場合は早めに申し込むことをオススメします。

契約が完了すると、契約した光回線から通信に使うルーターや契約書類が送られてきます。

ルーターなどの宅内機器は開通工事の際に業者が接続します。

インターネット利用には必須の重要なものなので、そのまま工事日までしっかり保管しておきましょう。

③光回線の開通工事を実施する

電話で決めた工事日に、開通工事が行われます。

基本的に工事は1回で済みますが、例外としてNURO光では2回の開通工事が必要なので、余裕を持って申し込んでおくことをオススメします。

開通工事は立ち会いが必須で、1~2時間が目安です。

しかし当日にならないと開始時間がわからなかったり、トラブルが発生してもっと時間がかかったりすることもあります。

開通工事の当日はなるべく予定を空けておきましょう。

④接続設定を行って光回線の開通が完了

宅内機器の接続までは業者がしてくれますが、接続設定は契約者がしなければいけません。

接続設定には、事前に送付された開通のお知らせなどの書類や、パソコンかスマートフォンなどが必要です。

自宅に設置されたONUにルーターを接続して、スマートフォンなどのインターネットを使う機器で接続設定します。

自分で設定するのが不安な場合は、事業者やプロバイダによってセットアップサービスが利用できるのであらかじめ申し込んでおくとよいでしょう。

光回線のよくある疑問にお答えします!

光回線に関する、よくある疑問を解消していきます!

光回線の申込みに必要なものは?

光回線の申込みに必要なものは、以下のとおりです。

  • 契約者の氏名や住所などの情報(本人確認書類原本)
  • 契約中の携帯電話やスマホの電話番号・ネットワーク暗証番号
  • 支払い用の銀行口座、クレジットカード番号など

さらにフレッツ光から転用する場合は、転用承諾番号も必要です。

のちほどくわしく説明しますが、Web、もしくは電話で取得手続きが可能です。

また、光コラボ間で乗り換えるなら事業者変更承諾番号が必要です。

光回線の開通までにかかる期間は?

申込みから開通までは2週間~2ヶ月ほどが目安です。

光回線の設備があるマンションなら工事不要で利用できるので、比較的早く開通できます。

工事がすいている時期であれば2週間程度で開通する場合もありますが、人気の回線などの場合は、申し込んでからだいぶ待たされるケースもあります。

とくに春の引っ越しシーズンなどの繁忙期は、工事が混んでいてかなり待たされたという声も多いです。

回線工事は時期の余裕をもって、早めに申し込んでおきましょう。

光回線で使うONUやルーターってなに?

光回線を利用するには「ONU」と呼ばれる光回線の終端装置が必要です。

自宅に引き込んだ光回線とパソコンの間に設置・接続し、光信号とデジタル信号間の変換を行います。

ONUだけでもインターネットは利用できますが、接続できるパソコンやスマホは1台だけ。

複数の端末で同時にインターネットを利用するために必要なのが、ルーターです。

ルーターは、異なるネットワークを接続するための装置。

現在はWi-Fi機能を備えたルーターを使うのが主流です。

ONUにLANケーブルでルーターを接続し、ルーターのWi-Fi機能に端末を接続することで、同時に複数の端末でインターネットを利用できます。

光回線の「転用」ってなに?

転用とはNTT西日本(NTT東日本)のフレッツ光を利用中の人が、光コラボレーション事業者が提供しているコラボ光へ契約を変更することを指します。

この際には利用中のひかり電話の番号・ネットの回線速度もそのままで、新たに工事などを実施する必要がなくスムーズに乗り換えができます。

転用の際には「転用承諾番号」というものが必要で、Web、もしくは電話で取得できます。

 Web電話
NTT西日本公式HP0120-553-104
(9:00~17:00まで、土日祝も受付)
NTT東日本公式HP0120-140202

 

 

(9:00~17:00まで、土日祝も受付)

光回線の転用について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

光回線の「事業者変更」ってなに?

光回線の「事業者変更」とは、光コラボ回線を利用中の方が、新たに工事を実施することなく、他の光コラボ回線の契約に変更する手続きのことです。

乗り換えとは異なり、事業者変更は開通工事の必要がなく、電話番号の引き継ぎ手続きもいりません。

乗り換えをする場合は通常だと2週間~1ヶ月程度の時間がかかりますが、事業者変更であれば最短8日で新しい光回線が使えるようになります。

ただし、契約更新月以外の解約で違約金がかかります。

光回線のキャッシュバックって本当にもらえるの?

光回線のキャッシュバックは、会社によって適用条件や申請方法、申請時期が異なります。

適用条件を満たし、正しく申請をすれば確実にもらえますが、中には手続きをしないともらえないこともあるので注意が必要です。

申込み前に、適用条件や申請方法についてよく確認しておきましょう。

格安SIMとセット割が使える光回線はある?

主要3大キャリアだけでなく、格安SIMにもセット割を使える光回線はあります。

格安SIMセット割が使える光回線
ワイモバイルソフトバンク光
mineoeo光
IIJmioIIIJmioひかり
DTI SIMDTI 光
BIGLOBEモバイルBIGLOBE光
OCN モバイル ONEOCN光
UQ mobileenひかり

格安SIMと光回線のセット割を活用することで、スマホとネットの料金を賢く節約しましょう!

光回線の速度が遅いときはどうしたらいい?

光回線を使っていると、「急に速度が遅くなった」と感じることもあるでしょう。

そんなときは以下の対処法を試してみてください。

  • ルーターを再起動する
  • ルーターやLANケーブルを交換する

ルーターは長時間使い続けると、熱を持ったりログが溜まったりして不調が起きやすくなります。

ルーターを再起動することでこれらが解消され、速度の遅さが改善されることもあります。

また、PCやスマホなどの再起動も試してみてください。

接続している端末の混線がなくなり、速度が改善される可能性があります。

古いルーターを使用している場合は、ルーター自体が光回線の速度に対応していないことがあるので、性能のよいものへの買い替えを検討するのもひとつの手です。

光回線の解約方法は?

光回線の解約方法は、基本的に以下の3ステップです。

  1. 解約申込み
  2. 撤去工事
  3. レンタル機器の返却

解約申込みは電話、Web、チャットなどから行います。

主要回線の、解約申込みの窓口は以下のとおりです。

 解約申込窓口
auひかり ・電話(0077-777、年中無休9時~20時)
繋がらないときは、0120-22-0077、年中無休9時~20時
※プロバイダ業者にも要連絡
So-net光 ・電話(0120-80-7761、営業時間:9時~18時
※1月1日、2日及び指定のメンテナンス日を除く)
繋がらないときは、0503-383-1414
ドコモ光・電話(0120-800-000、ドコモケータイから局番なしの151
営業時間:9時~20時)
NURO光サイトで手続き
ソフトバンク光 ・電話(186+0800-111-2009、営業時間:10時~19時)

解約するタイミングや回線によっては、契約解除料や工事の残債などの費用がかかることもあるので注意が必要です。

まとめ

今回は光回線20社を比較し、光回線を選ぶポイントや知っておきたい知識やオススメの光回線を徹底解説しました。

光回線は、以下のような方にオススメです。

  • 速度を重視したい人
  • 動画配信サービスやオンラインゲームを楽しみたい人
  • 速度制限やデータ容量を気にせず利用したい人
  • 自宅内で開通工事が可能な人
  • 光回線の提供エリア内の人

光回線を選ぶときは「実質料金の安さ」「速度の速さ」「セット割引」の3つのポイントに注目しましょう。

結論として、条件別にオススメな光回線は以下のとおりです。

ストレスフリーでインターネットを楽しめる環境を整えるために、自分にぴったりの回線を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました