ソフトバンク光とソフトバンクエアーを徹底比較!オススメはこっちだ!

ソフトバンク光 ソフトバンクエアー インターネット

ソフトバンクが提供しているインターネットサービスには、「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」の2つがありますが、オススメは「ソフトバンク光」です。

ソフトバンク光のほうが、通信速度が速くて安定性がある、つまりネット回線としての品質が高いからです。

この記事では、「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」のどちらがいいのか、あなたが快適にネットを使っていくために、以下のように解説していきます。

  1. ソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較!何が違うのか
  2. ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換えるには?

ぜひこの記事を読んでストレスのないネット環境を手に入れてくださいね!

\ここからの申し込みで34,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較!何が違うのか

「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」の違いを以下にまとめましたのでご覧ください。

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
回線工事×
通信速度(実測値平均)※1上り:158.94Mbps下り:212.68Mbps上り:4.09Mbps下り:25.8Mbps
提供エリアフレッツ光の東日本エリア西日本エリアソフトバンクエアーのエリア内
月額料金戸建て:5,200円マンション:3,800円端末購入:4,800円端末レンタル:5,370円
初期費用事務手数料:3,000円工事費:24,000円事務手数料:3,000円端末購入代:59,400円
解約金9,500円9,500円
スマホとのセット割     〇
・ソフトバンクスマホ
・Y!mobileスマホ
     〇
・ソフトバンクスマホ
・Y!mobileスマホ

※1:みんなのネット回線速度より 2020年8月24日調べ
※ソフトバンク光の月額料金および解約金については、最大1Gbpsの「ファミリータイプ」、2年自動更新プランの金額

「スマホとのセット割」に関してはどちらも適用されます。
ソフトバンク、もしくはY!mobileのスマホをお使いの方は、「ソフトバンク光」及び「ソフトバンクエアー」とセットにすることで月々のスマホ代が割り引かれるサービスです。

一方、主な違いとしては、「回線工事の有無」、「通信速度」、「月額料金」や「初期費用」などが両者異なります。

以下で、それぞれの違いについて詳しく解説していきます。

回線工事の有無

「ソフトバンク光」は、導入するにあたって回線工事が必要です。
この回線工事を行うため、申し込んで実際にインターネットが使えるようになるまでは約1ヶ月ほどかかります。

その点、「ソフトバンクエアー」では端末のコンセントを挿すだけでネット環境が整えられるため、申し込み後は端末が届き次第すぐに使えます。
工事費も不要です。

なので、自宅の回線工事ができないという方には「ソフトバンクエアー」がオススメです。

また、外出先でも使いたい方は、持ち運び可能なポケットWiFiであるWiMAXもオススメですので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

しかし、「ソフトバンクエアー」は先述のとおり「ソフトバンクエアー」に比べて速度が遅いため、回線工事ができる方や光ファイバー導入済のマンションにお住まいの方は「ソフトバンク光」がオススメです。

ソフトバンク光の工事費の詳細は以下の通りです。

開通工事費
フレッツ光・他社光コラボを利用(転用・事業者変更の場合)0円(工事不要)
インターネットを利用していない他社独自回線を利用24,000円(分割払い可能)
光ファイバー導入済マンションで利用2,000円

光ファイバー導入済みマンションにお住まいの方は、なんと工事費が2,000円!

また、分割払いに関しては24回、36回、48回、60回から選べますが、解約時に分割払いが終了していない場合には残りの残債を一括で払わなければいけないので注意しましょう。

通信速度は「ソフトバンク光」が圧倒的に速い

通信速度については、「ソフトバンクエアー」よりも「ソフトバンク光」のほうが圧倒的に速いです。

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
最大通信速度最大1Gbps(=1000Mbps)最大972Mbps
実測値212.68Mbps25.8Mbps

みんなのネット回線速度より 2020年8月24日調べ

最大通信速度とは、システム上最大このくらいは出ると理論的に示した、公式で発表されている数値です。

実際に使う前に参考になるのは、現在サービスを利用している人たちが測った速度の平均値である実測値で、こちらにおいては大きな差が見受けられます。

ソフトバンクエアーとソフトバンク光の速度の差について、実際にそれぞれ測った方の声はこちら。

これは、「ソフトバンク光」が光回線、「ソフトバンクエアー」がホームルーター、というように回線の種類が異なるからです。

光回線は、ホームルーターに比べて速度が安定的で速いです。

また、ソフトバンクエアーでは、公式サイトでも以下のように提示されている通り、夜間などはサービスの安定的な提供に伴い速度制限のため、速度が低下することがあります。

引用:ソフトバンクエアー公式サイト

その点、ソフトバンク光ではそういった速度制限がないので、安心ですよ。

実際にソフトバンク光を使っている方は、快適だと仰られています。

このように、両者には速度に大きな違いがあります。

「ソフトバンクエアー」よりも「ソフトバンク光」のほうが、速くて通信の安定性もあるため、オススメですよ。

\ここからの申し込みで34,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光の方がトータルでお得!解約もしやすい

それぞれ実際に契約したときにかかる料金は、以下の通りです。

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
契約事務手数料3,000円3,000円
月額料金戸建て:5,200円マンション:3,800円端末購入:4,800円端末レンタル:5,370円
工事費最大24,000円
端末代59,400円(購入の場合)※

※端末代は、端末購入の場合の月額料金内に含まれています。 ※ソフトバンク光の月額料金および解約金については、最大1Gbpsの「ファミリータイプ」、2年自動更新プランの金額

戸建ての場合、「ソフトバンク光」のほうが「ソフトバンクエアー」の端末購入する場合に比べて月々400円ほど高いですが、現在フレッツ光や光コラボを利用している場合は工事費が無料になります。
そのため、トータルでかかる金額で見ると「ソフトバンク光」の方が安くなります

マンションで使う場合には、「ソフトバンク光」の方が月々1,000円以上安く使えてオトクですね。

ソフトバンクエアーの端末を購入する場合ですと、3年以上の利用で端末代が月々1,620円ずつ割り引かれるため、実質無料になります。
しかし、3年未満に解約してしまうと端末代の未払い分が請求されます。

2年で解約する場合
(59,400円÷36回)=1ヶ月につき、端末代1,650円の支払い
残り12回の支払い×1,650円=19,800円

といったように、「ソフトバンクエアー」は、2年時点で解約する場合には20,000円近くの金額を支払わなければいけません。

「ソフトバンク光」では、工事費の支払い回数が選べます。

「ソフトバンク光」は2年の契約期間ですので(※)、契約期間更新前の「契約満了月」に併せて工事費の分割回数を選べば、解約時に支払う料金が残りません。

このように、月額料金の金額だけではなく、工事費や端末代などトータルでかかる金額や、解約について考えた場合に、「ソフトバンク光」のほうがオススメです。

【結論】ソフトバンク光のほうがオススメ!

結論として、回線工事ができる場合には「ソフトバンク光」の方がオススメです。

「ソフトバンクエアー」よりも「ソフトバンク光」のほうがオススメできる理由は以下の通りです。

  1. 通信速度が圧倒的に速い
  2. トータルでかかる料金がお得
  3. 工事費も分割回数が選べるため、0円で解約しやすい

また、工事費についても「ソフトバンクエアー」の端末代と比べて安く、光ファイバー導入済のマンションであれば2,000円など状況によってはさらに安くなります。

開通工事ができる方は、ぜひ「ソフトバンク光」がオススメですよ。

\ここからの申し込みで34,000円キャッシュバック!/

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換えるなら

「ソフトバンクエアー」から「ソフトバンク光」に乗り換えるには以下の2つの方法があります。

  1. サービス変更をする
  2. 「ソフトバンクエアー」を解約後、34,000円のキャッシュバックがもらえる窓口から「ソフトバンク光」を新規契約

①サービス変更をする

この方法は、「ソフトバンクエアー」からそのまま「ソフトバンク光」へ変更するやり方なので、端末代の残債が34,000円以上残っている場合にオススメです。

「ソフトバンクエアー」から「ソフトバンク光」に乗り換えは、解約ではなく「サービス変更」という手続きで、乗り換えができます。

その際に、かかる費用は以下の2つです。

  • ソフトバンクエアーの端末の残債分
  • ソフトバンク光の開通工事費

「ソフトバンクエアー」自体の違約金はかかりません。

また、ソフトバンクエアーの端末代金の残債分については、分割期間の36か月が終了している場合はお金がかかりませんが、分割期間が終わっていない場合はその分を支払わないといけません。

例えば2年でサービス変更をした場合は、残り12か月分加×1,620円=19,440円を支払ってから、ソフトバンク光に変更します。

②「ソフトバンクエアー」を解約後、34,000円のキャッシュバックがもらえる窓口から「ソフトバンク光」を新規契約

こちらは、ソフトバンクエアーの端末代の残債がない、もしくは残債と契約解除料の合計額が34,000円以下の場合にオススメの乗り換え方法です。

この場合、かかる費用は以下の通りです。

  1. ソフトバンクエアーの残債費と契約解除料
  2. ソフトバンク光の開通工事費

また、「ソフトバンクエアー」にてスマホ割を適用していた場合は、「ソフトバンク光」を申し込み次第再度スマホ割の申請をしないといけません。

少々面倒ではありますが、この方法の最大のメリットは34,000円のキャッシュバックが最短2ヶ月後にもらえることです。

有料オプションの加入などといったキャッシュバック受け取りのための条件もなく、申請手続きも開通工事が完了した時点でカスタマーセンターに電話して口座情報を伝えるだけです。

\ここからの申し込みで34,000円キャッシュバック!/

ソフトバンクエアーの端末残債金が少ない方には、とてもオトクになる方法ですよ。

まとめ

結論として、回線工事ができる場合には「ソフトバンク光」の方がオススメです。

理由は以下の通りです。

  1. 通信速度が圧倒的に速い
  2. トータルでかかる料金がお得
  3. 工事費も分割回数が選べるため、0円で解約しやすい

また、「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」の違いは以下の通りです。

ソフトバンク光ソフトバンクエアー
回線工事×
通信速度(実測値平均)※1上り:158.94Mbps下り:212.68Mbps上り:4.09Mbps下り:25.8Mbps
提供エリアフレッツ光の東日本エリア西日本エリアソフトバンクエアーのエリア内
月額料金戸建て:5,200円マンション:3,800円端末購入:4,800円端末レンタル:5,370円
初期費用事務手数料:3,000円工事費:24,000円事務手数料:3,000円端末購入代:59,400円
解約金9,500円9,500円
スマホとのセット割
・ソフトバンクスマホ
・Y!mobileスマホ

・ソフトバンクスマホ
・Y!mobileスマホ

※1:みんなのネット回線速度より 2020年8月24日調べ
※ソフトバンク光の月額料金および解約金については、最大1Gbpsの「ファミリータイプ」、2年自動更新プランの金額

「ソフトバンクエアー」から「ソフトバンク光」へ乗り換えたい場合には、以下の2つの方法があります。

  1. 「サービス変更」という手続きを利用する
  2. 「ソフトバンクエアー」を解約後、34,000円のキャッシュバックがもらえる窓口から「ソフトバンク光」を新規契約

ソフトバンクエアーの端末代及び契約解除料が少ない場合には、②の方法の方がオススメですよ!

\ここからの申し込みで34,000円キャッシュバック!/

開通工事ができない場合には、「ソフトバンクエアー」がオススメですよ!

外出先でも持ち運びが可能なポケットWiFiであるWiMAXもオススメですので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

この記事を参考に、ぜひ快適なインターネットライフを手に入れてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました