ソフトバンク光の評判の真実とは!実際どんな光回線なのかを徹底解説!

ソフトバンク光 評判 ソフトバンク光

ソフトバンク光の評判として、「速度が遅い」「通信障害が起こる」「料金が高い」といったネガティブな声が目立ちます。
※2020年2月~2020年8月の期間において、当社独自調べ

この記事では、そんなソフトバンク光は実際どうなのか、ソフトバンク光は契約すべき回線なのかについて、口コミ・評判と併せながら詳しく解説していきます。

結論として、ソフトバンク光は以下のような方にオススメです。

  • ソフトバンクのスマホ、ワイモバイルのスマホをお持ちの方
  • NURO光がエリア外の方(※)
  • 他社回線からの乗り換えを考えている方

※NURO光エリア
北海道、関東(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県・群馬県・栃木県)、東海(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)、関西(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県)、九州(福岡県・佐賀県)

ちなみに、ソフトバンクのスマホをお持ちの方で、NURO光がエリア内の方は、速度が速くて月額料金も5,000円未満のNURO光がオススメですよ。

ソフトバンク光の評判と真実|ソフトバンク光ってこんな光回線!

ソフトバンク光には、以下のような評判があります。

【速度面】

  • 速度が遅い

【料金面】

  • 月額料金は安くはない

【その他】

  • 通信障害が起こる(直近半年間で2~3回通信障害アリ)
  • サービス対応
  • 解約金が高い

では順に、これらの評判の意見について実際どうなのか、対処法も併せて解説していきます。

評判①ソフトバンク光の速度が遅い|速くする方法があります

ソフトバンク光の速度が遅いという口コミが目立ちます。

しかし、一方ではこんな声もあります。

光回線全体での速度の平均値は、下り214.5Mbps(※)なので、このツイートにある837Mbpsはかなり速い速度ですよね。
※:みんなのネット回線速度調べ(2020年8月11日時点)

ソフトバンク光は、「IPv6高速ハイブリッド」(無料)+「光BBユニットレンタル」(467円)という2つのオプションに加入することで、通信速度が速くなります。

~IPv6高速ハイブリッドとは~
以下のように、ネットが混雑するポイントを避けて、高速通信ができるオプションです。

しかし、このIPv6高速ハイブリッドは「光BBユニットレンタル」(467円)というサービスを利用して、対応ルーターをレンタルしないと使えません。
※「光BBユニットレンタル」については、次の「評判②ソフトバンク光の月額料金は安くない」で詳しい解説をしています。

別途申請が必要ですし、対応ルーターのレンタルも必要ですが、ソフトバンク光を快適に使うためにも、これらに加入することで、速度が遅い点の解決になります。

※v6プラス=IPv6高速ハイブリットの別の呼び方

また、ソフトバンク光をはじめ多くの光回線は最大通信速度1Gbpsです。

より速さを求めたい方は、標準装備で最大通信速度2GbpsのNURO光についてもぜひチェックしてみてくださいね!

評判②ソフトバンク光の月額料金は安くない

確かに、ソフトバンク光の料金については、他の光回線と比べても安くはないです。
以下をご覧ください。

回線名月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
ソフトバンク光5,200円3,800円
NURO光4,743円2,500円(※1)
ドコモ光5,200円~4,000円~
auひかり1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
3,800円(※2)
So-net光5,580円4,480円
光回線平均5,145円3,716円
※契約期間が2年、最大通信速度1Gbps(標準装備の速度)のプランの金額を記載
(auひかり・戸建てのみ契約期間3年、NURO光のみ最大2Gbps)
※1:NURO光 for マンション 6人以下の価格
※2:マンションv16プランの場合

ほかの光回線と比べると、ソフトバンク光は平均~やや平均料金以上です。

しかし、お使いのスマホが下記に当てはまる方は、ソフトバンク光を選んだほうがオトクになります。

  • ソフトバンク
  • ワイモバイル

上記のスマホをお持ちの方は、ソフトバンク光を契約すると毎月スマホ代が1台につき500円~1,000円割り引かれるからです。

引用:ソフトバンク光 公式サイト

1台当たりのスマホ代が割り引かれるため、下記のように家族みんなでソフトバンク、もしくはワイモバイルのスマホを使っている場合は、かなり通信費が節約できますよね。

引用:ワイモバイル 公式サイト

ソフトバンク光とスマホをセットにして、スマホ代を割引する場合には以下の条件があります。

  • 「オプションパック」(月額500円)に加入していること
  • (ソフトバンクのスマホの方のみ)
    「My SoftBank」もしくは「ソフトバンクショップ」から「おうち割 光セット」を申し込むこと
  • (ワイモバイルのスマホの方のみ)
    「My Y!mobile」もしくは「ワイモバイルショップ」から「おうち割 光セット(A)」を申し込むこと

ソフトバンク光やオプションパックをきちんと契約していても、「おうち割 光セット」や「おうち割 光セット(A)」の申し込みができていないと、スマホ代の割引が適用されません。

条件の満たし漏れがないように気をつけましょう。

また、条件であるオプションパック(月額500円)の内容は以下の通りです。

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • 電話サービス

先ほど「評判①ソフトバンク光の速度が遅い|速くする方法があります」で紹介した、速度を速くするために必要なオプション「光BBユニット」もここに含まれています。

「Wi-Fiマルチパック」についても、無線LANで通信を行うのに必要不可欠なオプションですし、「電話サービス」についても固定電話として利用できるため便利です。

オプションパックは、ソフトバンク光を快適かつオトクに使う上で必要なサービスです。
そのため、ソフトバンク光を実際に使うのであれば、月々の料金が戸建ては計5,700円、マンションは計4,300円(※)払うことになります。
※2年自動プランの場合の基本月額料金(戸建て:5,200円、マンション:3,800円)+オプションパック500円

ちなみに、冒頭でもあったNURO光でもソフトバンクのスマホ代が割引されます。
エリア内であれば、まずはソフトバンク光よりも料金が安いNURO光の検討をオススメします。
(※ワイモバイルは対象外)

※NURO光エリア
北海道、関東(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県・群馬県・栃木県)、東海(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)、関西(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県)、九州(福岡県・佐賀県)

評判③通信障害が起こる

ソフトバンク光では、ここ直近半年間でも2~3回の通信障害が起こっています。

繋がりにくいな、と感じたら、まずは接続デバイスやルーターを再起動してみましょう。

それで直らない場合は、ソフトバンク光の公式ページで通信障害のアナウンスがないかチェックしてみたり、TwitterなどのSNSで「ソフトバンク光 通信障害」と調べましょう。

基本的に、通信障害が起こったら復旧まで待つしかありません。

ただ、過去のソフトバンク光の通信障害では、ルーターやデバイス、ゲーム機などのDNS設定を変更することで、ネットに再接続できたこともあります。

Wi-Fiの設定から、DNSサーバーを「8.8.8.8」、もしくは「8.8.4.4」に変更します。

その設定を変更しても再接続できない場合があるため、そういう時は復旧まで待つしかないです。

通信障害が何度か起こっているということも視野に入れて検討しましょう。

評判④ソフトバンク光のサービス・対応がよくない

ソフトバンク光のサービス・対応については「良くない」という声が目立ちました。
口コミの一部を抜粋して見てみましょう。

こちらの方は、「対応が不親切」「一向に改善しない」とのこと。

その際の接客に問題があるのと、改善しない点についてはスタッフへの教育が行き届いていない可能性が高いです。

こういった場合には、電話で聞きたい箇所についてTwitterなどで検索して、解決策を探すのも一つの手ですが、やはり回線の難しい悩みに関してはサポートセンターの方にご対応頂きたいですよね。

ソフトバンク光に電話が全くつながらない、という声もあります。

このような繋がらない場合には、ソフトバンク光のサポートページから「AIチャット」で気になる点を相談することができます。

また、よくあるお問合せについてのページもあるので、該当する悩みはこちらで解決できますね!

しかし、AIチャットで対応できず、かつ電話も繋がらないという声も。

電話が混みやすいのは、「お昼11時~14時ごろ」「夕方17時以降」「土日」なので、それらを避けた時間帯ですと繋がりやすいです。

一方で、ソフトバンク光の対応が良かったという声も。

不親切という声がある反面、丁寧で感動したという意見もありますね。

対応するスタッフによる場合もあるため、一概に「良い」「悪い」は決められません。

評判⑤ソフトバンク光の解約違約金は高い

ソフトバンク光を解約した際に、払うべき解約違約金は以下の3つがあります。

  1. ソフトバンク光の契約プランの解約違約金
  2. オプションの解約違約金
  3. 開通工事費の残債金(分割の場合)

実際にかかってくる金額は、以下表の通りです。

2年自動更新プラン5年自動更新プラン
9,500円15,000円
上限10,000円まで各オプションの解約金が加算上限なし
解約した各オプションの解約金が加算・全支払い

(分割の場合)
分割で月額支払っている金額×解約時点の残りの支払い回数分割で月額支払っている金額×解約時点の残りの支払い回数

オプションの解約金がかからず、工事費も一括などで払い済みなどであれば①のみの金額しかかかりませんが、それでも最低9,500円は払わないといけません。

解約違約金を免れるには、契約満了月に解約すべき!

解約解約すべきときに解約すると、解約違約金がかかりません。

2年もしくは5年ごとにくる契約満了月中に解約することで違約金は不要になるので、しっかりとカレンダーにメモするなどして忘れないようにしましょう。

引用:ソフトバンク光 重要事項説明書

解約の手続きは、サポートセンター(186+0800-111-2009)へ「契約満了月」の15日までに電話して解約の旨を伝えます。

工事費の残債については、解約時に工事費の分割払いが終わっていない時に必要となる支払いです。
開通工事費の分割回数は、24回・36回・48回・60回から選べるので、ご自身が契約した際に選んだ分割回数の未払い回数分を一括で払うことになります。

こちらについても、いつ工事日の支払いが終わるのかを把握しておき、解約時点でいくら払うことになるのかを確認しましょう。

ソフトバンク光をオトクに契約できる申し込み窓口はここ!

ソフトバンク光は以下のような方にオススメです。

  • ソフトバンクのスマホ、ワイモバイルのスマホをお持ちの方
  • NURO光がエリア外の方(※)
  • 他社回線からの乗り換えを考えている方

※NURO光エリア
北海道、関東(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県・群馬県・栃木県)、東海(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)、関西(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県)、九州(福岡県・佐賀県)

ソフトバンク光では、他社インターネット回線の解約違約金の全額がソフトバンク光から還元されるっ公式キャンペーンがあります。(上限100,000円)

引用:ソフトバンク光 公式ページ

さらに、auひかりやNURO光などの他社インターネット回線を利用の方であれば最大24,000円(工事費相当分)が、キャッシュバックや月額料金から割引となり、実質無料になります。

ただし、この最大24,000分還元に関しては、フレッツ光からソフトバンク光にする方(転用)、他社光コラボレーションからソフトバンク光にする方(事業者変更)は適用対象外なのでご注意ください。

ソフトバンク光を申し込むのであれば、これらのソフトバンク光の公式キャンペーンだけではなく、キャッシュバックなど独自で特典がある代理店サイトからの申し込みが一番オトクです。

中でも、最短2か月後に最大34,000円のキャッシュバックがもらえる、代理店・STORYがオススメですよ。

代理店STORYでは、有料オプションの加入ナシで最短2か月後に34,000円、他社転用・事業者変更の場合は16,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックの申請方法については、開通工事が完了後に代理店STORYのカスタマーセンターに電話するだけですので、他の代理店のように、他のサービスを申し込まないとキャッシュバックが受け取れなかったり、誰かを紹介しなければもらえない、ということがありません。

代理店キャッシュバック額受け取り時期手続きオプション加入
STORY34,000円2ヶ月後開通後カスタマーセンターに電話ナシ
LifeBank最大75,000円10か月後申込月から10か月後にWEBで申請オプションパック他、
でんき・TVなどの指定オプション加入
アイネットサポート35,000円2か月後条件はオペレーターに問い合わせナシ
ブロードバンドナビ最大24,000円7か月後送付される書類のURL・QRコードから手続きオプションパック

このキャッシュバックの受け取りやすさや振り込み時期の早さから、ソフトバンク光を申し込むなら代理店STORYからの申し込みがオススメです。

また、ソフトバンク光が開通するまでの間、ネット環境がない方向けに「SoftBank Air」もしくは「Pocket WiFi」が無料レンタルされるサービスもあります。

一般的に、申し込みからインターネット回線の開通までに1ヶ月ほどかかることから、今ネット環境がない方は、ぜひ利用してみてくださいね!

まとめ

ソフトバンク光では、ぶっちゃけ「速度が遅い」「料金が高い」といった声が目立つため、それぞれの声についての真相を解説していきました。

まとめると、以下のようになります。

【速度面】

  • 速度が遅い

  • →IPv6高速ハイブリットを追加すると速くなる

    【料金面】

    • 月額料金は安くはない

    • →他社と比較すると平均的な価格で安くはない。
      ただし、ソフトバンクユーザーはセットにすることでスマホ代が割り引かれるため通信費全体で安くなる。

      【その他】

      • 通信障害が起こる(直近半年間で2~3回通信障害アリ)

      • →以前起こった通信障害では解決策があったが、基本的には障害が起きたら復旧を待つしかない。
      • サービス・対応が悪い

      • →電話が混雑しやすい時間帯(お昼11時~14時頃、夕方17時以降、土日)を避ける。
        ソフトバンク光 サポートページからAIチャットを使って質問や相談ができる。
      • 解約金が高い

      • →解約違約金のほかに開通工事費の残債も支払わなければいけない。 契約満了月に解約することで解約違約金はかからないため、カレンダー等にメモしておきましょう。 工事費の残債は、分割回数のうちの未払い回数分になるため、解約を考えるときには今何回分払っているのかについても確認しましょう。

      速度面・料金面については、解決策がありますし、その解決のためにも「オプションパック」(月額500円)に加入することをオススメします。

      ソフトバンク光だけではなく、NURO光でもソフトバンクのスマホが割引されます。
      以下のエリア内の方は、標準装備の速度が2倍速くて、料金も平均よりやや安価なNURO光もぜひ検討してみてくださいね!

      ※NURO光エリア
      北海道、関東(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県・群馬県・栃木県)、東海(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)、関西(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県)、九州(福岡県・佐賀県)

タイトルとURLをコピーしました